Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2020年08月2020年09月2020年10月全て

4450件中116-120件

前へ1....1920212223242526272829....890次へ

トピックス 先週までのコロナ感染情報からの、今後の予想。 (2020-04-20)

本日、高齢の方のほうが、ウイルス排出量が多い・感染力が強いという
報告が出ています。
免疫力が弱く、ウイルスの活性のほうが強いのか?
院内感染が病院各地で起こっていますが、
これは院内の医療関係者が感染の初発ではなく、
ウイルス陽性者が、違う目的で、病院に治療面会などに行くことで、感染しているわけで、
医療従事者が悪い分けでではありません。
ご注意を。
すべての院内来院者を検査することは今は無理です。
今後抗体検査ができるようになるまで、病院には行かないことです。
病気にならないことです。・・・・・今の現状と矛盾していますが、
当クリニックも、患者来院数約半分以下で、あと2カ月しかもちませんが。


最大の武器:ワクチン
 大阪のワクチンは、秋ごろから、大阪医療関係者に接種予定。
 その後他の近隣施設に今年中に接種可能か?
 本当のワクチンは来年の春完成。

 全国での実施は、おそらく、来年6月中。
 世界的には流行あり、オリンピックは、全世界でなく、流行が収まった国の、
 選抜大会並みの開催に。
 全世界の一番ではなく、参加国で、実施されるワールドカップ的な開催となる。

 オンライン売買や、オンライン会議で、
 首都中心の・大都市中心の社会が消滅。
 首都から離脱される人が増え、初めて、首都の人口が減る。

 抗体検査
 抗体検査キットは日本を含め各国で、発売されているが、
 市内で、使用できる時期は、早くて、秋。遅くて来年。

 神戸市内でも、医療崩壊は始まり、
 緊急外来のたらいまわし。出てきている。
 今現状では、PCR検査できていない。
 来週あたりから、医師の推薦で、PCR検査予約できるか?

 感染者数は、総数で、厚労省が、さもシナリオがあるように、調整しているが、
 15日・各所で、PCR検査解禁したため、
 来週から倍増するでしょう。
 推定東京で、桁一つ。40000人。神戸大阪でも、桁一つ。上がります。
 日本全国で。10万以下であればましかも。

 各自・自治体の医師会急病センターがが、PCR検査の窓口になる可能性があり。
 しかし現状は不可能。
 神戸では、ガウンなし。フェイスガード人数分前後、消毒使い回し。
 マスク・手袋あり。

 軽症者にアビガン投与開始が、冬。前後。
 今は三五〇人臨床試験中。それが一番効果あると感じます・
 抗体検査も秋口から。
 抗体あっても、かかる患者もあるかも。
 それまでに、二回程度山がある感じ。
 消失はしない。
 冬にもう一度大きな波があると感じます。

             ・・・・・そんな感じの未来が考えられます。

トピックス 生存確率を上げるには? (2020-04-13)


 神戸市内で、

 ・・・・・・・・・・・・・医療崩壊が始まりました。・・・・・・

 今できること、

 自宅からでない。
 じーっとしておくしかありません。

 交通事故もだめ。急病もだめ。風邪もだめ。
 病気・事故にあうとどこか病院にかからなきゃいけない。
 そこで、2重に感染する可能性があるということ。
                          もう、外に出るな!

 政府には、お金を支給することが必要です。お金を刷って配りまくるしかありません。
 早く決断を。
 アベノマスクより、各家庭に人数かけ10万円毎月仕送り?配布するしかありません。

健康・医療 赤十字病院も院内感染。 (2020-04-13)


神戸市の緊急病院が2個も外来中止になりました。
これで、一般外来も、救急も、コロナも、基幹病院が2個消失する羽目に。
全国的にも、東京以外ではここまでの被害は、想定されていないのでは。
すべて、緊急コロナ関連からではなく、一般外来からの紛れ込みと考えるのが
実情です。

「今後すべての外来患者さんをコロナ患者対応しないと、対応できないのでは?」


神戸市によりますと、
新たに感染が確認されたのは日本赤十字社神戸赤十字病院に
勤務するいずれも医師の20代から40代の男女4人です。
感染した患者を受け入れているこの病院では、
感染者の治療を行っている病棟で勤務する20代の女性看護師の感染が12日、
明らかになり、同僚の職員らの検査を行った結果、医師4人の感染が分かったということです。
さらに、今月10日に感染を発表していた50代の女性もこの病院の看護助手だったことが分かりました。

病院では院内の消毒作業を行うため、
13日は外来の診療や救急患者の受け入れを取りやめました。
また、神戸市は、新型コロナウイルスの感染者の1人が12日、
亡くなったことを明らかにしました。

神戸市内の感染者の死亡は初めてで、
兵庫県内で亡くなった人は合わせて15人になりました。

健康・医療 外来ではなく、入院患者からの感染。 (2020-04-11)



・・・・・・・・決して病院スタッフが悪いわけではありません
市によると、
同病院では9日、退院前の70歳代の女性患者が発熱していたため、
PCR検査をした結果、陽性と判明した。

この女性患者は自力で動けず、
最近は入院中に面会した人もいなかったため、
看護師を介して院内で感染した可能性があるとみて、
関連する病棟の入院患者36人と看護師ら90人を検査した。

 その結果、
新たに、別の病気で入院中の40~70歳代の患者2人、
20~50歳代の看護師7人、
臨床工学技士1人、
看護補助者2人、
清掃スタッフ1人の計13人に感染が判明した。

今のところ医師の感染は確認されていないという。

健康・医療 神戸市の医療崩壊…始まる。 (2020-04-11)

 日本全国で、

 一番最初の医療崩壊は、神戸からになりそうです。
 なにも病院が悪いわけではありまあせん。

 多分、通常の緊急入院患者さんからの感染が、院内感染となったのでしょう。
 緊急外来で有名な病院です。
 コロナ以外の一般緊急も見ています。
 ここからの侵入が一番可能性あります。

 全国的に有名な中央市民病院が、院内感染で、
 一般外来・緊急外来・コロナ対策が依頼が停止になってしまいました。

 もはや、神戸市の医療は崩壊です。
 コロナの入院患者も外来患者も最大の病院が停止。
 全国的な、報道になります。
 今、神戸市上空は、ヘリコプターの渋滞が起こっています。
 報道関係でしょう。
 今日の夜はその話題で、もちきりになるでしょう。

 神戸氏は、伊丹から、「自衛隊災害派遣がされるでしょう。」

 神戸市の港湾に、船を借りて、患者隔離が必要になるでしょう。

 
令和2年3月17日に厚生労働省から発表された「救命救急センターの評価結果(平成31年~令和元年)について」において、当院の救命救急センターが、全国292の施設中、第1位の評価を獲得いたしました。これにより、平成26年度から続く「救命救急センター全国第1位」の評価を6年連続でいただくこととなりました。

令和元年(平成31年)における当院の成績は、評価対象となる4つの機能(全45項目)のすべてにおいて高得点を獲得し、「充実段階評価」においても最高の『S』評価をいただくことができました。中でも、患者の受け入れに関する項目で、年間に受け入れた「重篤患者数」や「救急車搬送人員数」などは、全国トップレベルです。

当院では「1年365日・24時間断らない救急医療」という理念のもと、医療スタッフの昼夜を問わない懸命な努力により、安全で安心な医療の提供に努めております。しかしながら、救急患者の多数の受け入れは、円滑な病床管理と一体的に運営する必要があります。安全で安心な医療の提供を継続的なものにするためにも、当院での治療を終えた患者を受け入れていただける地域医療機関との連携が、ますます重要となってまいります。

4450件中116-120件

前へ1....1920212223242526272829....890次へ