Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2019年03月2019年04月2019年05月全て

4190件中1091-1095件

前へ1....214215216217218219220221222223224....838次へ

社会・政治 隊員の生命が政治の道具に (2015-05-18)

軍事評論家・田岡俊次



自衛隊追い詰める安保法制改革/安倍首相のむちゃな要求で、隊員の生命が政治の道具に

 安倍内閣が集団的自衛権の行使容認の閣議決定をしてから約9カ月。安全保障関連法案の整備に向けて急ピッチで準備が進む。そこには自衛隊が「軍」へと変貌していく内容が多数含まれている。新たな安保法制で何が変わり、どんな危険性があるのか。そして、軍を持つ自覚が国民にあるか。

 政治家の失言には、その人の本音が出るという。安倍晋三首相の『我が軍』発言もその一つに違いない。
 3月20日の参院予算委員会で、自衛隊と他国の軍隊との共同訓練について問われた安倍首相は、
 「我が軍の透明性を上げていくことにおいては、大きな成果を上げている」
 と答弁した。野党から猛烈な批判を受けたが、菅義偉官房長官は記者会見で「自衛隊も軍隊の一つということだ」とあっさりと追認。首相をかばって、「憲法無視」ととられかねない失言を正当化した。
 専守防衛が原則の自衛隊が、『我が軍』に近づくために準備されているのが、今国会の最大の焦点である安全保障法制の整備だ。20日には自民、公明両党が法案の方向性で合意。その内容は「あらゆる事態に切れ目なく対応」(中谷元・防衛相)するものだという。
 具体的には、5分野の安全保障関連法案などの整備を目指し、(1)武力行使に至らない「グレーゾーン事態」への対処(2)他国軍への後方支援(3)人道復興支援や治安維持活動(4)集団的自衛権の行使(5)その他の関連する法律の改正--が対象となる。
 では、自衛隊の活動範囲はどう変わるのか。次の表で、新たに求められる任務をまとめた。



◎机上の空論で軽視される人命
 この一つひとつの具体化により、実際の戦闘で一人の死者も出したことのない自衛隊は、過酷な任務を負う。かつて内閣官房副長官補として安全保障を担当した柳澤協二氏は言う。
 「法案で可能になる軍事作戦としての機雷除去では、確実に隊員に犠牲者が出ます。機雷を完全に撤去するなら、隊員が海に潜って手作業で処理するケースもある。交戦相手の戦闘機が飛んでくる場所では、そんな作戦は危険すぎてできない。それが政治家の間では公然と議論されている」
 公明党は、自民党との協議で「自衛隊員の安全確保」を原則の一つとして求め、文書に盛り込まれた。それもどこまで守られるかは不明だ。柳澤氏は続ける。
 「政府は具体的な場面を想定せず、できることは何でもやれるようにするつもりです・・・

トピックス マツダが目指す究極の技術 (2015-05-17)

雑誌記者は
「SKYACTIV TECHNOLOGYをどのように進化させるかで、状況が変わってくる」と語る。

マツダがSKYACTIV TECHNOLOGYの進化形として目指しているのは、

「予混合圧縮着火」という究極の低燃費技術だ。

これは、あらかじめ空気とガソリンを混ぜたもの(予混合)を
ピストンの圧縮によって着火させる方式で、
「開発に成功すればノーベル賞もの」といわれるほど、難度の高い技術である。
当然、上位メーカーも研究を進めているが、「マツダほど真剣ではない」といわれている。

この技術が完成すれば、
たとえ販売力で上位メーカーに劣ったとしても、十分にカバーすることができるだろう。

「業界の一匹狼」と呼ばれ、リスクに敢然と立ち向かうDNAを持つ、マツダらしい戦略といえる。

しかし、成長戦略をエンジン開発だけに依存するのは明らかにリスクが高い。
前出の雑誌記者は「ロータリーエンジンの二の舞にならないために、
すべて自社開発にこだわらず、他社との提携を含めた
、あらゆる可能性を追求すべきです」と語る。

新世代モデルの成功を踏まえた次の成長戦略に、
過去の反省が生かされているかどうか。それが、同社の完全復活を左右するといえそうだ。

                               (文=福井晋/フリーライター)

トピックス 夜間運転、ハイビームが原則 歩行者との衝突防ぐ効果 (2015-05-16)

                          荻原千明

ヘッドライトの基本はハイビーム。
意外と知られていないこの原則。守っていれば、
今年の3月までに大阪府で起きた夜間の交通事故の死者29人のうち、5人の命を救えたかもしれない。

 「突然、左前方に人影が見えた。ブレーキを踏んだが間に合わなかった」

2月21日午後8時半ごろ、
大阪府茨木市の市道で歩行者の男性(当時81)がワゴン車にはねられて死亡した。
運転していた男性会社員(44)は直後の府警の調べにこう話したという。

現場は片側1車線の直線道路。
右側には工場跡の更地が広がる。
左側は解体中の倉庫。夜は薄暗く、行き交う車もまばらだ。
当時も付近を走る車はなかったが、ヘッドライトはロービーム(下向き)だった。

道路交通法によると、夜間は前照灯をつけなければならない。
「走行用前照灯」と呼ばれるハイビーム(上向き)のことで、
国土交通省令の基準で前方100メートルの人や物を確認できる性能が求められている。

健康・医療 女性の脱毛個所は33か所に分かれるらしい?? (2015-05-16)

当ビルの、4階部分に
「脱毛クリニックが入るらしい??」
全国展開の新興勢力だそうで、「若い女性には人気らしい??」

4階は女性専用になるそうで、3階もヘアスパ??
8階はアデランス??
             まるでゆりかごから墓場まで…「ヘアー御殿??」 
             大丈夫か??このビル??


初月0円で全身脱毛/キレイモ

予約が取れやすい・痛くない・勧誘なし!全身を美肌脱毛するなら先ずは無料相談へ

(kireimo.jp)

社会・政治 「この社長。危機感まるでなし??」 (2015-05-15)

この社長?会見時うすら笑い??…危機感まるでなし??
どういう根性しているのでしょうか?

14日の会見で高橋社長は、
国内での3500人規模の希望退職や液晶事業などの社内分社化を発表。
「抜本的な構造改革を間髪入れずに断行する」と胸を張った。

だが、事業立て直しの具体策は依然として見えないまま。会見前夜、
主力行の幹部は
「資本支援に応じるということは、シャープが実質破綻状態ということ。
それを生き返らせる『ゾンビ作戦』は簡単には終わらない」と明言。

「今回のものは第1次再建計画にすぎない。必ず続きがある」と、
早くも第2幕の存在を暗示してみせた。     【宇都宮裕一、鈴木一也、土屋渓】

4190件中1091-1095件

前へ1....214215216217218219220221222223224....838次へ