Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2018年11月2018年12月2019年01月全て

4162件中1076-1080件

前へ1....211212213214215216217218219220221....833次へ

社会・政治 自転車とカフェの融合 (2015-05-06)

 

ロンドンの自転車人口は増加する一方だ。
ロンドン市内で自転車通勤する人は、この10年で倍増。
今年、その数は過去最高になると予想されている。

増え続ける理由のひとつとして、交通費の大幅な値上げが挙げられる。
ロンドンのほぼ全域を網羅する1週間の定期券が、
5年前は36ポンド80ペンス(当時の為替で約5200円)だったのに対して、
今年は46ポンド10ペンス(約8200円)と、年々上がり続けている。

それに伴い、多くの自転車屋がビジネスの幅を広げてきた。
競技用の自転車からそうでないものまでを取り扱いながら、
カフェ、雑貨や衣服なども独自の視点でプロデュース。
プロからアマチュアまで、自転車を中心としたライフスタイルを楽しめるようになった。
それぞれブランディングも秀逸で、ブランドのロゴや内装にこだわり、
仕入れるコーヒー、コラボレートする洋服メーカーなど広くアンテナを張っている。

早くからスタイルを確立してイギリスで話題になったのが、
ソーホー地区にカフェ併設のショップを2012年にオープンした「ラファ」。
バブアーやポール・スミスといったブランドとコラボし、
サイクリングとタウンユースの機能を合わせた衣服を作っている。
東ロンドンの「ルック・マム・ノーハンズ」も、カフェ併設で女性に人気の店だ。

健康・医療 アトピー性皮膚炎は皮膚の細菌バランス異常が原因 - 慶大 (2015-05-05)


慶應義塾大学(慶大)は4月21日、
マウスを用いた実験で、
アトピー性皮膚炎は黄色ブドウ球菌などの異常細菌巣によって引き起こされることを解明したと発表した。

同成果は慶大医学部皮膚科学教室と米国National Institutes of Healthの
永尾圭介 博士(元慶應義塾大学医学部専任講師)との研究グループによるもので、
4月21日(現地時間)に米科学誌「Immunity」電子版に掲載された。

アトピー性皮膚炎は気管支喘息、
食べ物アレルギー、
花粉症などのアレルギー疾患を合併することがあるため、
アトピー性皮膚炎そのものもアレルギー性の疾患だと考えられている。
しかし、生体が何に反応して皮膚炎を発症しているかはわかっておらず、
原因となるアレルゲンは特定されていない。
血液検査で強い抗体が検出されることからダニやホコリが原因と考えられているが、
それを裏付ける臨床的な証拠は存在していない。

一方、アトピー性皮膚炎がひどくなると皮膚表面の細菌の種類が減少し、
過半数が黄色ブドウ球菌によって占められることは知られていたが、
黄色ブドウ球菌がどのようにアトピー性皮膚炎に関係しているかはわかっていなかった。

同研究では、アトピー性皮膚炎を発症するマウスに皮膚細菌巣を培養したところ、
生後4周からC. mastitidisという菌の出現に続いて黄色ブドウ球菌が出現し、
最終的にはC. bovisという菌と黄色ブドウ球菌が皮膚細菌巣を支配することがわかった。
このモデルマウスに対し離乳直後から、
異常細菌巣に効果を発揮する抗生物質2種類で持続的な抗菌治療を行ったところ、
正常な皮膚細菌巣を保ち、皮膚炎を発症しなかった。

さらに、離乳後無治療で10週目に抗菌治療を開始したマウスと、
離乳直後から抗菌治療を実施し10週目で抗菌治療を中止したマウスの症状の推移を観察したところ、
前者は皮膚炎がほぼ治癒したのに対し、
後者は正常だった細菌巣が一気に黄色ブドウ球菌とC. bovisに置き換わり、激しい皮膚炎を発症した。
そこで、治療を止めて皮膚炎を発症したマウスの細菌を、
治療により一時的に炎症が寛解していたマウスに接種した結果、
黄色ブドウ球菌が最も強い皮膚の炎症を誘導した。

また、C. bovisはIgEという抗体の上昇をもたらす免疫反応を誘導し、
それぞれの細菌が異なった役割を果たしていることがわかった。

今回の成果は、
偏った異常細菌巣を正常化することでアトピー性皮膚炎を治療する
新しい治療法の開発につながる可能性がある。

研究では抗生物質を使用したものの、腸内細菌への悪影響もあるため、
今後、抗生物質に頼らずに正常な細菌巣を誘導する方法の検討が期待される。

新製品 「機能性商品の機能追加?」 (2015-05-04)


ユニクロは4月20日、
機能性インナー「エアリズム(AIRism)」の新商品を発表した。
国内の繊維メーカーの協力を得て、通気性や吸保湿性などの快適面で進化。

ムレにくく肌触りの良い“究極の普段着”として、さまざまなシーンや季節での活用をアピールする。

 
エアリズムは、男性向けの「シルキードライ」と
女性向けの「サラファイン」を2013年に統合した肌着ブランドで、
9年間の累計売り上げは2億5000万枚になる見込みだ。

同社では「ヒートテック」に並ぶ基幹商品として、グローバルな販売展開を図っている。

開発にあたり、
男性向け商品は東レ、
女性向け商品は旭化成せんいが協力。

それぞれの快適性を求めるニーズに特化し、新しいテクノロジーを盛り込んだ。

男性向けの「メッシュ」シリーズは、
繊維の開口部を広げて通気性が約2倍に向上し、衣服内で温度が上がるのを抑える。
「ひんやり感」が高く、極細の繊維を使用することで、
汗などが乾くのにかかる時間も短縮され、暑い夏でもより快適に。
さらに、加齢臭の原因とされる「ノネナール」や、
アンモニア臭などを消臭する機能が特殊な加工によって強化された。

スポーツシーン向きの新商品も、女性向けに登場。

國井氏は「エアリズム全体が、スポーツにも対応できる。
例えば、メンズのエアリズムは、ゴルフのアダム・スコット選手が試合の中でも
ポロシャツの下に着ている」と、汎用性の高さを説明した。

商品ラインナップは、メンズ、ウィメンズ、キッズの計50アイテムで、
それぞれカラーバリエーションを展開する。
メンズは、クルーネックTシャツやステテコなどで、
販売価格は990円(税別)から。 (文 ライター・北林伸夫)

社会・政治 淡路に行くのはちょっと心配! (2015-05-03)

ワースト渋滞調べたら!

行きも帰りも…・神戸のあの橋でした。・・・・…「皆さんお気をつけて。」


■ゴールデンウィーク集中率のワースト5

※丸数字は順位。路線・区間▼県名▼集中率(%)の順

①神戸淡路鳴門・垂水JCT―淡路▼兵庫▼13.7

②東京湾アクアライン・川崎浮島JCT―海ほたる▼神奈川・千葉▼9.0

③常磐・石岡小美玉―岩間▼茨城▼8.9

④東京湾アクアライン・海ほたる―木更津金田▼千葉▼8.8

⑤東北・若柳金成―一関▼宮城・岩手▼8.4

健康・医療 「連休初日になんですが!」 (2015-05-02)

 人付き合いは大変重要です。
 笑うことが一番大事ですかね!・・・・顔がほころぶといいますが。
 その顔の筋肉的運動が脳を直接刺激することが分かっています。
 無表情というのは、脳の機能が停止していることと同じです。
 忙しくしている方が、ボーっとするのとは根本的に違います。
 もし、笑う人がいなければ、テレビで笑うとか。吉本新喜劇を観賞するとか?
 それもだめなら、鏡を見てください。

 
        ・・・・・・・・・・・・人付き合い週1未満で…要介護リスク1・4倍

他者との交流が週1回未満の高齢者は、
要介護や認知症になる危険性が、毎日頻繁に交流している人より約1・4倍高まることが、
日本福祉大の斉藤雅茂准教授(社会福祉学)らの調査でわかった。

月1回未満の人は、要介護や認知症に限らず、すべての要因による死亡リスクも高まる。
社会的に孤立するほど、健康への悪影響も深刻化することが明らかになった。

愛知県内の要介護認定を受けていない健康な65歳以上の高齢者約1万2000人について、
2003年10月から10年間、健康状態を追跡調査した。

別居の家族や親族、友人らと会ったり、手紙や電話、
メールでやり取りしたりした頻度と共に分析。
交流が週1回未満だと、排せつや入浴などに介助が必要な要介護度2以上や、
認知症になる危険性が、毎日頻繁に交流している人の約1・4倍高まった。

月1回未満とさらに交流が乏しい高齢者では、
認知症の危険性は約1・5倍に増え、死亡リスクも1・3倍となった。
いずれも、同居家族の有無は関係なく、交流方法で差はなかった。

 

斉藤准教授は、
「交流が少ないと健康に役立つ情報やサポートを得にくくなる。
人付き合いは個人の価値観によるが、
孤立状態が健康に悪影響を与える可能性があることを知って」と話す。

(2015年4月22日 読売新聞)

4162件中1076-1080件

前へ1....211212213214215216217218219220221....833次へ