Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2020年08月2020年09月2020年10月全て

4450件中96-100件

前へ1....1516171819202122232425....890次へ

健康・医療 アメリカでは、無能呼ばわり。される現状。 (2020-05-08)

 PCR検査に対する批判は以前から根強かった。4月23日に外務省が海外メディア向けに開いた記者会見では、「もっと多くの市中感染があるのではないか」「緊急事態宣言をもっと早く出さなかったことを反省しているか」などとPCR検査も含め、厳しい質問が20問以上、約1時間続いた。

 日本の立場が危うい。ポストコロナでの発言・立場無くなる。

これは首相の責任。
専門者会議も、政府と、調整して国民にまともな情報を発信できず。
韓国の相変わらずの上から目線も気になりますが。
日本だけこれでよいのでしょうか?
首相の、「目詰まり??」している路線・・世界に出て説明できますか?
真剣さがないのです。やる・気力・守りたい気持ちがない。
ご自分の維持。周りの維持で精いっぱい。
すべて完了にお任せ。・…あんたが守らなくて誰が守るのでしょう…国民!

英BBC(電子版)は4月30日、
PCR検査について「日本の検査数の少なさは疑問だ」と題する記事を掲載。

日本の感染者数は28万~70万人におよぶという試算を紹介しながら
「日本は検査数を増やさないと、パンデミックの終結はかなり困難」
という専門家の厳しい見方を取り上げた。

PCR検査に積極的に取り組んだ韓国のハンギョレ新聞(電子版)も
4月30日に社説で
「安倍首相は韓国の防疫の成功を無視し、軽んじていた。
日本政府とマスコミは当初、
自国の対応を自画自賛した」と批判した。

「新型コロナの対応に失敗し、
国民を苦痛に陥れた安倍政権は今からでも隣国の成果を謙虚に認め、
支援を要請する勇気を見せなければならない」と訴えた。

トピックス 大阪モデルがわかりやすい。 (2020-05-07)


東京は
陽性率も、再生産率も、
分母が小さすぎて、測れない状態です。
再生産数が4月10日の時点、0,7であれば、(発表した数字)
その後、市中爆発はないはずで、ここがごまかし。
尾身さんが、言った言葉によると、
これはクラスターや、院内感染者での限定的な数字??
どういうことでしょう?
どうするのでしょうか?

保健所はスウ所を国に挙げ、
東京には時価にデーター送っていない
多忙だからとは言い訳になりません。

PCR件数も把握できていない。個人医師会・大学のデーター不明
一体一元化せずに世界の笑いもの。

今後世界での比較する場合、信用されない。
日本データーになります。
感染率も、実行再生産率も、最終的な死亡率も、

神戸では比較的、市中感染が減っているようです。
院内感染はまだ実数増えそうですが、何とか制御できる可能性あり。(一時的)
大阪もこのままなら15日から一部解除。

健康・医療 日本で実行再生産数を語ることはできません。 (2020-05-02)

日本は、確か世界全体の
1000人当たりの検査数は、39位だと思います。
1.8人
世界一位の、アイスランドが、135,9人
韓国でも、11,6人(27位)
アメリカが、15,6人です。(24位)

その件数で、実行再生産数を語り、評価することはできません。
世界の笑われ者・感染伝播国になってしまいます。
オリンピックどころでない。
政府も、マスコミも、同じ情報を流してごまかしています。
いま1以下で、活動制限しようとし、発表した、ドイツで、
25,1人です。(13位)


だからごまかしで、ICUの占拠率や、市中感染者数、増加率などで、
総合的に判断するあいまいな解釈を、発表しているのです。
ドイツなどまねできないのか?政府・首相のやる気・その気のなさが、
情けない状態です。

日本医師会の会長はよく危機状態を発表してくれてます。
政府は聞いているのでしょうか?v
目の前の布マスクの欠品や、その納入会社の東北のダミー会社の情報リークや、
一〇〇〇〇〇円の配布に集中しすぎです。
毎月配布で、1年一二〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇換算。(120兆)
ここまでしてください。

今の「スポットPCR検」ではどうもできない。
前回も話しましたが、厚労省の幹部はまだ身にかかっていない。
文部科学省もしかり、すべて前例をまねて策を練る。そしてイニシアチブをご自分が取りたい。
権威主義?
9月入学も、来年から考えるなど?…今年の、学生のことを、なにも、考えていない。
戦争状態なのです。

9月になりある程度、「評価と、武器」ができたなら、そこから始めればよいのです。
前例は生きてるうちに作りましょう。

武器に関しても、アメリカに融通してます。
アビガン日本初を超法規的に使用することが、日本の仕事。
世界に誇れるのに。
もちろん生殖期間の患者さんは注意が必要。
催奇形性や、生殖細胞性精子両などに影響が出ます。

もう20年前の薬で、タイも作り始めたそうです。

    1人の感染者から何人が感染するかを示す実効再生産数についても、
     全国では、3月25日時点では2.0人だったのに対し、4月10日は0.7人に。
     東京では、3月14日には2.6人だったが、
     4月10日は0.5人と1人を切っていることを明かした。
日本維新の会の浅田均政調会長が質問した。
EUでは、
(1)実行再生産数が1を下回ること
(2)PCR検査体制の拡大
(3)集中治療室(ICU)の確保を基準に、
都市封鎖を緩和している。
安倍首相は「海外の事例も参考にして、専門家に相談する」と答えた。

「実行再生産数」とは、
1人の感染者から二次感染者が生まれる数の平均値。
「1」未満だと感染拡大が抑えられるとされている。
厚生労働省クラスター対策班の北海道大・西浦博教授は
「1未満であっても、さらに平均値を下げる必要がある」という。

この実行再生産数、重要な指標であるにもかかわらず、
東京都は3月21~30日の数値「1.7」を公表した後は、
一度も発表していない。

死者数を抑えることに成功し、一部経済活動を再開したドイツは、
実行再生産数の速報値を毎日発表している。
3月上旬には「3」以上あったが、4月30日は「0.76」まで落ちている

     だから?どうして4月10日のデーターを5月1日に発表するんですか???

新製品 時事通信では、 (2020-05-02)

英紙フィナンシャル・タイムズは、
アメリカのシカゴ大学の治験で患者が急回復したと報道されていた
「レムデシビル」の臨床試験が失敗したことを報じた。

臨床試験は中国で実施され、世界保健機関が誤って公表した文書で明らかになったという。

中国の臨床試験では、
患者237人のうち158人にレムデシビルを投与し、
残りの79人との経過を比較。
症状の改善や血流中の病原体の減少は確認されず、
投与しなかった患者と有意な差が認められなかったなかったうえに、
18人には重篤な副作用が出た。

レムデシビルを開発したギリアド・サイエンシズは
「この治験は、統計的に意味のある結論を出すには不十分だった」と反論。
「結果は不確かなもの」とした上で
「データの傾向から、特に早期に治療を受けた患者には潜在的な有効性が示されている」と述べた。

トピックス 東京は本日165人。 (2020-05-01)

予定通り
医師会等の検査が増えたことにより、
保険所を通らない検査が、23区のうち15戸程度始まり、
検査数が増えたんだと思います。
すればするほど、増加の一方。

延期も5月中ですか?

抗体検査を併用し、
罹患率の把握必要です。

一方、ファックスで、業者から、迅速抗体検査のキット販売の売り込みがありました。

25キットで、¥22万5千円。
1キット¥9000円…・自由診療ですから、
防護服があれば、12000円ぐらいでできますが、必要かどうか?
希望があっても、25回分コロナ対応の防護服用意できるわけありません。

医師会から無料のマスク(中国製)100枚支給あり。
それ以降は、200枚まで100枚¥2500円です。
市中の、中国製と変わりません。

謎の販売で、歩いてみると、代替¥2700円から3800円です。
卸価格は、¥50枚2200円だそうです。。。。。神戸港に中国から入っているそうです。
個人輸入分。
最前線に立つ、輸入卸業を営む40代の中国人男性は
「この1カ月で500万枚を売りさばいた」と語り、業界の事情を明かした。

4450件中96-100件

前へ1....1516171819202122232425....890次へ