Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2018年05月2018年06月2018年07月全て

4039件中96-100件

前へ1....1516171819202122232425....808次へ

トピックス 世界のトレンドらしい。・・・・? (2017-11-17)


アウトドアのアイテムを
タウンユースで採り入れるときに注意したいのはカラーリングだ。

奇抜な色やデザインはアウトドアとしての主張が強すぎてしまうので、
マルチユースには向かない。

今回紹介しているアイテムのように、
ミニマルなデザインとシックなカラーリングの
アイテムをチョイスするのがおすすめ。

それに合わせて、インナーやパンツも色めを抑えるのが鉄則。
あくまでシックに着こなすのがキーポイントとなる。

でも、シューズは例外。淡い色合いのスニーカーで、ライトな印象も採り入れよう。

トピックス コンビニからATMが消える日は意外に近いのかもしれない──。 (2017-11-15)


サヨナラ、ATM現金よ、今までありがとう

「サヨナラ、ATM。現金よ、今までありがとう」──。

三井住友銀行は、
こんな広告を打ち出しデビットカードの取り扱いを開始した。

米国など外国では、
クレジットカードのように使い過ぎないデビットカードは人気がある。
訪日外国人の増加などもあり、日本での利用が広がると判断してのことだろう。

日本ではネット通販市場も拡大中だ。
中国や米国のように急ピッチではないが、2
016年の日本国内の消費者向け電子商取引(EC)市場は
15兆1358億円に拡大(前年比9.9%増)している。

ネット通販もクレジットカード決済を広げることになり、
現金の必要性を希薄させる一因となりそうだし、
仮想通貨ビットコインも新たな決済手段として活用する動きがジワジワと広がっている。

多様な決済手段の拡大は確実にATM包囲網を築く。

セブン銀行やイーネットなどコンビニATMは銀行のATMの縮小で、
残存者利益を獲得するという見方もある。

セブン銀行は、来春からATMによる現金受け取りサービスを展開。
オークションやフリマなどの売り上げ金、
報酬金など企業から個人への現金送金にATMを活用してもらうというサービスだが、
果たしてどれくらいニーズがあるか未知数ではある。

スマートフォンによる決済が進めば現金を持ち歩くリスクも減るし、
決済もスマートフォン上で済ますような
「Amazon Go(アマゾンゴー)」といった無人コンビニのような
サービスも増えるのに違いない。

“脱現金化”は確実に進む。

 コンビニからATMが消える日は意外に近いのかもしれない──。

社会・政治 成立するのでしょうか? (2017-11-08)


韓国の聯合ニュースは5日、
9月の米ニューヨークでの日米韓首脳会談の際、
韓国の文在寅大統領が

「米国と韓国は(軍事)同盟を結んでいるが、日本は同盟相手ではない」と発言したと報じた。

韓国大統領府高官の話として伝えた。

トランプ米大統領は「理解する」と応じたという。安倍晋三首相の反応は報じていない。

社会・政治 祭りの後はどうするの? (2017-11-07)

大阪の新ホテルを経営するMOJホテルマネジメント(東京)の沖浩幸代表によると、
ビルの柱はそのまま生かし、
壁で仕切って客室を設置。床を底上げして配管を通し
全155室にシャワーやトイレを備えた。

「すぐ参入したかったので、工期が短かったのが一番の利点」。

外観はオフィスビルのままで、工期は8カ月で済んだ。

空室になったオフィスビルを改装し、
用途変更(コンバージョン)してホテルにする動きが盛んだ。

不動産管理会社「ザイマックス」(東京)は、
大阪と京都でオフィスビルを改装し、
それぞれ「からくさホテル大阪心斎橋Ⅰ」(69室)、
「からくさホテル京都Ⅰ」(36室)に変えた。

訪日客を主なターゲットにした宿泊特化型で、
稼働率は9割近くと好調だ。
大阪のホテルは9階建てのオフィスビルだったが、
障害者用エレベーターや各部屋の窓を設置。

間取りなどで制約こそあるが、
「新築に比べ工期は半分で済み、コストも3分の2程度だった」と同社担当者は話す。

社会・政治 そこのけそこのけお馬が通る!…的な! (2017-11-06)


                ・・・・・・やっぱり原因はこういうことです。(残念)
【ワシントン時事】
米海軍は1日、
日本近海などで6月と8月に相次いだイージス駆逐艦の衝突事故に関する調査報告書を公表し、
いずれの事故も乗組員の人為的ミスや訓練不足が原因で、
「回避できた」と結論付けた。
 

6月に静岡県・伊豆半島沖でコンテナ船と衝突し、
乗組員7人が死亡したイージス艦「フィッツジェラルド」については、
安全とされる速度を超えて航行していた上、
当直の監視員が衝突回避措置を怠ったと指摘。

国際的な安全規範やレーダーの基本操作に関する知識も不足しており、
訓練が不十分だったと認めた。
 

一方、同「ジョン・S・マケイン」が8月に
シンガポール沖でタンカーと衝突し、乗組員10人が死亡した事故では、
乗組員に操船知識が不足していた上、
定められた手順を守らなかったことに原因があると指摘した。

(2017/11/02-10:13) 関連ニュース


4039件中96-100件

前へ1....1516171819202122232425....808次へ