Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2018年09月2018年10月2018年11月全て

4113件中951-955件

前へ1....186187188189190191192193194195196....823次へ

トピックス ミョウバン水 (2015-07-12)

手作りミョウバン水の材料
ミョウバン(ミョウバン・焼ミョウバンどちらでもOK)
水(水道水でOK)
100均などで売っているスプレーボトル
計量スプーン又は計量器(100均でも売っているので十分)

ミョウバンと水の比率は150(水):1(ミョウバン)を目安とします。
(水150mlでミョウバン10g)

スプレーボトルに水を入れてミョウバンを入れてボトルを
シェイクすれば完成ですが、溶けずらいので1日ほど放置しておくと
とけます。

早く溶かしたい場合は、ボトル半分量のお湯で溶かしてから水をいれると
早く溶けます。

ミョウバン水は冷蔵庫で3年も持つとの事ですが、
ミョウバン自体安いものなので1週間ほどで使い切る量を
作って新鮮なものを使いましょう。

トピックス ミョウバンについての解説 (2015-07-11)


ミョウバンは、加齢臭や腋臭など体臭を軽減させる消臭剤として重曹以上に重宝されています。
実際にミョウバン石鹸や
ミョウバンスプレーなど消臭グッズに材料としてよく用いられているのはミョウバンのほうです。

アンモニアなどのアルカリ性のニオイ成分に対する消臭作用は抜群で、
ミョウバンに含まれる金属が酸化還元反応を起こして、金属消臭が行われる効果も期待できます。

ミョウバンを使う場合は水に溶かして酸性のミョウバン水を作ります。
このミョウバン水をニオイの気になるところに塗布することで、
アルカリ性の環境を好むニオイ菌の繁殖を抑制し、ニオイを予防できます。

また、革靴やブーツにミョウバン水を吹きかけても、
雑菌を殺菌できるのでニオイ消しにも利用できます。重曹と同様に価格も安く手に入れやすいものです。

重曹とミョウバンを使った正しい体臭ケアの方法。

体臭ケアに使うものとしてはミョウバンのほうが優れているというのが結論です。

理由としては、
ミョウバンの消臭効果は、続けて使うことで効果が高まり、
持続時間もどんどん長くなっていくという特徴があるから。

使えば使うほど積み重なってより効果を発揮してくれるわけです。

一方の重曹はというと
、長く続けて使うと皮膚を弱アルカリ性にしてしまうので、
アルカリ性の環境を好む皮膚の常在菌が繁殖してニオイをキツくしてしまう可能性があります。
そのため、重曹(アルカリ性)を使った後は
ミョウバン(酸性)を使って皮膚の表面を弱酸性に整えるのが普通です。

そのため、重曹とミョウバンを体臭ケアに使う場合は、

■ ミョウバンはミョウバン単体で使っても大丈夫。
■ 重曹は、ミョウバンとセットで使うこと。

トピックス 「トヨタに取られないように!」 (2015-07-10)


マツダがロータリーエンジンを『コスモスポーツ』に搭載してから、
50周年にあたる2017年はマツダにとって特別な年となる。

そこでマツダは300psを発揮する1.6リットル次世代ロータリーエンジン、
「16x」を搭載する『RX-7』を復活させるシナリオを描いているという。

プラットフォームは新型『ロードスター』と共有するとも伝えられ、
軽量アルミ素材により先代より100kg近い軽量化を目指すと共に、
SKYACTIVテクノロジーにより、ロータリーエンジンの大幅な燃費改善を図る。

エクステリアデザインに関しては歴代のRX-7とは異なる、
個性の強いアグレッシブなフロントマスクが噂されているようだ。

トヨタとの提携拡大により次期『86』へのロータリーエンジン供給も視野に入る次世代『RX-7』、
ワールドプレミアは2017年の東京モーターショーを目指し、
発売は2019年以降となりそうなので期待を膨らませ気長に待ちたい。

トピックス GUARD エマージェンシーフロート (2015-07-09)

水害
水難事故
緊急補助浮き具

耐久性 防犯バッグ 家庭用 レジャー施設
企業備蓄 路線バス ふだん使い 防水性 釣り キャンプ 川遊び 貴重品保管 自家用車 学校備蓄】


価格 5,540円 (税込)

トピックス 「最近はいろいろ出ているようで?」 (2015-07-08)


ライオンが昨年発売した「Ban汗ブロックロールオン」は、
ヘアスプレーなどに使われているポリマーを混ぜたことで塗った薬剤がコルク栓のように固まり、
取れにくい。汗を止める効果が長続きするようになり、
日常的に動いても日中は効果が続くという。

買っているのは主に、服のわきの部分に汗染みが出来るのを嫌がる女性たちだ。
制汗剤は年100万個が売れれば成功とされるなかで、発売から1年4カ月で500万個売れた。
ライオンのBanのブランドマネジャー、大古勝朗さんは
「40代以上を含め、幅広い年齢層の方に買っていただいて驚いた」と話す。

開発のきっかけは2011年、NHKの情報番組「あさイチ」での「わき汗論争」だ。
有働由美子アナウンサーが着る水色のブラウスのわきに汗がにじみ、
視聴者が「見苦しい」と指摘。有働アナが番組内で謝罪したところ、
「仕方ない」「私も悩んでいる」などの反応が相次ぎ、ネットでも話題になった。

そこでライオンが女性らから話を聞いたところ、
「デートで恥ずかしい思いをした」「集合写真で自分だけわき汗が写った」などの
失敗談を持つ人が多いことがわかり、関心が高いとみて商品化を決めたという。

各社の新商品投入も相次ぐ。

今年2月にはニベア花王が同様の効果を持つ
「8×4(エイトフォー)ワキ汗EX クリームカプセル」を発売。
制汗成分の濃度を高め、
「特別に緊張する日の汗も抑える」という。

ロート製薬も2月、おもに若い年代向けの
「リフレア 汗シールド」シリーズを売り出した。

薬剤で汗をふさぐことで健康上の心配は無いのだろうか。
各社によると、汗腺をふさぐ薬は汗をかきすぎる多汗症の治療で広く使われているという。
東京医科歯科大の横関博雄教授(皮膚科)は
「汗腺から出られなかった汗は皮膚の角層などに吸収されるので、影響はない」とする。

肌の弱い人などは薬剤の刺激でかぶれる可能性もあり、
各社は注意しながら使うよう呼びかけている。(村井七緒子)

4113件中951-955件

前へ1....186187188189190191192193194195196....823次へ