Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2019年07月2019年08月2019年09月全て

4196件中881-885件

前へ1....172173174175176177178179180181182....840次へ

社会・政治 「ニイタカヤマノボレ!」 (2015-12-08)

アメリカの記事ですが?            ・・・・・・・間違いです。
最初に交戦したのは確かアメリカでこれより前に、
5月から、民間義勇軍という形で中国国民党とのビルマ戦線に介入。
「フライングタイガー」という傭兵軍で、日本軍機を撃墜。
7月には爆撃空襲を立案。
8月には最近話題の国際法違反で日本領土に進攻。
巡洋艦3隻で、脅迫?              歴史は繰り返す。
史実は語るというか?アメリカからみるとこういう事実に今でもなっていることが、
残念です。…まあこの暗号も解読されていたのに。
こういう史実を日本のマスコミも、あからさまに放映しません。
自分で調べるしかないのです。
ハリウッド映画でもそうい
う感じですし。・・・・・情報戦は大正時代からされていたとのことです。


旧日本軍による1941年のハワイ・真珠湾攻撃から74年目となる7日、
犠牲者の追悼式が営まれた。
攻撃で撃沈された戦艦アリゾナの記念館では、
同艦の乗員だった元海軍兵ジョー・ランデルさんの遺灰を同艦に収める軍の納骨式が行われる。

ランデルさんは今年2月に100歳で死去した。
真珠湾攻撃を生き延びた元兵士の中では最高齢だった。

当時少尉だったランデルさんは、
ハワイの海軍基地で同艦が攻撃された当時は乗務していなかったが、
現場に駆け付けて生存者の救助や同僚の遺体の回収作業に当たった。

アリゾナに乗務していて死亡した米兵1177人の遺体の多くは、
今も海に沈んだ同艦の残骸の内部に取り残されている。
真珠湾に対する奇襲が引き金となって、米国は第2次世界大戦に参戦した。

アリゾナ記念館は1962年、同艦沈没地の海上に建設され、国立公園局が管理している。

健康・医療 「3週間前からヨーグルト?」 (2015-12-07)


まあ、それだけヨーグルト飲むと。
¥121円×21日で、¥3600円かかります。
当院では、漢方薬を、2・3日処方するほうが安上がりだと思いますが?

インフルエンザのワクチン接種の季節になった。
今シーズンはA型株2種類、B型株1種類にB型株をもう1種類加えて「4価」となり、
接種料も数百円高いらしい。らしいということは、
筆者もまだ接種していないのだが『女性自身』(11月24日号)は、
できれば11月中旬までに、遅くとも12月初旬には済ませましょうと呼びかけている。

年末年始は人の移動や付き合いが多くなり、感染が広まるからだ。

4価になって予防効果は6割から7割に広がったが、すべてカバーできるわけではない。
そこを埋めるのがヨーグルトとの“合わせ技”だと、
順天堂大学大学院の竹田和由准教授が勧めている。
「最新の研究では予防接種の3週間前から
乳酸菌を多く含むヨーグルトやヨーグルト飲料を毎日とっていると、
NK細胞がタイミングよく活性化することがわかっています」

NK細胞は体内でインフルエンザウイルスを排除する「自然免疫」に重要な役割を果たしていて、
活性化すると感染率が下がるという。

社会・政治 福島の子供、甲状腺がん新たに15人 昨年4月以降の検査で (2015-12-06)


当初から、このコーナーで、主張しているように、
原発事故当初子供だった子たちが、思春期・成人期を迎える時に
がんが発生するのです。
とりわけ、女性で、妊娠出産時。
またその時に、発見され手遅れになる症例がたくさん出てくると思います。
がんを先に切除すべきか?出産を優先するか?
この板挟みになります。


2011年3月の東京電力福島第1原発事故当時、
18歳以下だった福島の子供たち約38万人を対象とする甲状腺がんの検査で、
福島県は30日、
昨年4月以降で計39人に、がんやその疑いが見つかったことを明らかにした。

原発事故と甲状腺がんの因果関係をめぐり、あらためて議論を呼びそうだ。 

福島市で同日開いた検討委員会で、
昨年4月~今年9月の2巡目の検査結果を報告した。

これによると、
がんと確定したのは15人、
がんの疑いは24人。

11~13年度の1巡目検査でがんと確定したのはこれまでに100人、疑いは15人に上っていた。

一般的に子供が甲状腺がんになる割合は「100万人に数人」とされ、
福島ではこれを大きく上回っている。

1巡目検査の結果について、
福島県は1986年の旧ソ連チェルノブイリ原発事故で甲状腺がんが多発したのは
事故の4、5年後からだとして福島事故との因果関係を否定してきた。

症状がなくても検査することでがんの発見確率が高まる
「スクリーニング効果」によるものだとも説明してきた。

2巡目でも新たな発見が相次いでいることについて、
検討委後の記者会見で清水一雄・甲状腺検査評価部会長(日本甲状腺外科学会前理事長)は
「放射線の影響かは結論を出せない」としつつも「多発していることは事実だ」と認めた。

検討委の星北斗(ほしほくと)座長(福島県医師会副会長)は
「チェルノブイリと比べて福島の被ばく線量は極めて少なく、
放射能への感受性の強い5歳以下では見つかっていない」と説明し
「放射線の影響とは考えにくい」と従来の見解を繰り返した。

これに対し、
委員などからは
「内部被ばくを考慮できていない」
「チェルノブイリより線量が低いと明確に示せるのか」などと疑問視する声が出た。

専門家の間でも、
福島事故と甲状腺がんの「多発」の因果関係をめぐる評価が割れていることが浮き彫りになった。

(報道センター 関口裕士)

社会・政治 「上から目線?」で。間違ったことを言う? (2015-12-05)

どうして「島なんだ」と突っ込み入れることがない?谷垣さん?
日本企業の中国離れだけは阻止したい中国政府の意見だけ通すつもりの共産党幹部?
攻めて文句言えないのなら、無視してしまえ。
 
【北京・相本康一】

自民党の谷垣禎一、公明党の井上義久両幹事長は4日、
中国共産党序列4位の兪正声(ゆせいせい)・人民政治協商会議主席と
北京の人民大会堂で会談した。

兪氏は南シナ海の人工島建設に関し
「指導者の慎んだ言動が大切である。中国は日本の航行を妨害したことはない」と述べ、
「航行の自由」の重要性を唱える安倍晋三首相の姿勢に注文を付けた。

兪氏は
「中国自らの島の上で建設しており正常な行動だ。
日本側に過度な反応にならないようにお願いしたい」と強調。
谷垣氏は
「日本のシーレーンの問題もあるので、よく注意して見ていかなければならない問題だ」と語った。

兪氏は、
日本政府による沖縄県・尖閣諸島の国有化に関しても
「中国の反応はやむを得ないと考えてほしい。中国国民の感情と主権の問題だ」と指摘。
その上で「中日関係が今年に入り大きく好転したのは間違いない」と述べ、
経済や人的交流の拡大を通じ、両国が国民感情の改善を図っていくことで3氏は一致した。

一方、3日から始まった日中与党交流協議会は4日、
経済や社会保障をテーマに議論して閉幕。
「互いに協力のパートナーであり、互いに脅威とならない」ことなどを確認する
「日中与党の提言」を発表した。

谷垣、井上両氏は同日、李源潮国家副主席や、国営通信新華社など中国メディア幹部とも会談した。

トピックス 「憂鬱な季節の始まり!」 (2015-12-04)

  今年は、12月4日から13日までだそうです。


 午後4時ぐらいからガラガラ・ごろごろ・・・・囲いを動かす音。
 夕方になると、雑踏のざわつき。
 開始からのスピーカーの呼びかけ。
 深夜まで。ぞろぞろ!

 距離は短くなり、過去の電球の使いまわし。
 待ち時間は、1時間前後。通過時間はわずか10分。
 
見る価値ありませんから。…・御堂筋行った方がきれいですよ。

4196件中881-885件

前へ1....172173174175176177178179180181182....840次へ