Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2018年09月2018年10月2018年11月全て

4113件中836-840件

前へ1....163164165166167168169170171172173....823次へ

トピックス スターバックスコーヒー (2015-11-02)

はっきり言って!
日本ではどうでもよい話。
だがアメリカでは問題らしい。


クリスマスカップは昨年までトナカイやクリスマスの装飾があしらわれていたが、
今年はそうした「季節のシンボル」をなくし、赤い無地のカップに統一。

同社のジェフリー・フィールズ副社長は10月にこのカップを発表した時点で、
「我々すべてのストーリーを受け入れる純粋なデザインでホリデーを迎えたい」と語っていた。

これに対して元牧師のジョシュア・ファウアースタイン氏は
5日にフェイスブックに投稿したビデオでスターバックスを批判、

「カップからクリスマスをなくしたのは、イエスを憎んでいるからだ」とかみついた。

同氏は無地のカップに対抗する抗議運動も提案。
スターバックスでコーヒーを注文する際に名前を聞かれたら、
自分の名を答える代わりに「メリークリスマス」と告げて、
カップにそのフレーズを記入させようと呼びかけている。

トピックス 「冗談では済まない! (2015-11-02)


「タイムボカンシリーズのボスキャラのような!…ハローウィンに!」

米航空宇宙局(NASA)の観測チームは1日、
直径約600メートルの小惑星「2015TB145」が地球に近づき、
地球と月の距離の1.3倍に当たるところを通過したと発表した。

接近中の小惑星をレーダーで観測したところ、
人の頭蓋骨(ずがいこつ)のように見える形をしていた。

活動を終えた「死んだ彗星(すいせい)」の核とみられる。

最接近時は米国ではハロウィーンに当たり、
NASAは「不気味な頭蓋骨の衣装をまとっているようだ」とコメントしている。

トピックス ダサいLEDは終わりにしよう (2015-11-01)


【LEDクリア電球「Siphon」エジソン】LDF30A E26 レトロ アンティーク おしゃれ LED 節電

家庭から消えつつある「白熱電球」。
LED電球の性能も上がり、実用にはまったく問題ないが、
あの温かい光とフィラメントの輝きが懐かしい…という方も多いのではないだろうか。

ビートソニックのフィラメントが輝くLED電球「Siphon」。

かつての白熱電球と同じ製造工程で作られたガラスグローブは、懐かしい質感をそのまま再現。
フィラメントを模した発光部は、LEDを使っているとは思えないほどのリアルさで、
昔と変わらないオレンジ色の光を投げかける。もちろんLEDならではの省エネ&長寿命仕様も自慢だ。

◆仕様

全光束(lm):400
定格寿命(h):15000
入力電流(A):0.07
定格電圧(V):100(50/60Hz)
定格消費電力(W):5.0
色温度(暖系電球色)(K):2200
口金:E26
寸法(mm):φ65x145
質量(g):55
演色性(Ra):80





商品番号 LDF30A

価格 5,400円 (税込) 送料別

トピックス 「マスコミの扇動でしょう。」 (2015-10-31)

マスコミ関係が扇動しているだけでしょう。・・・・・商品が売れるから。

 
 ブーム!ブーム!とおだてる。
  東京では暇な奴(学生たち)がイベントと称して騒ぐ口実にしている。
  「みんなでしているから怖くない。」その挙句に、「お面来て、周りの女子を触りまくる。
  行くほうも軽薄ですがリスクあり。お互い無責任。交差点がクラブ状態。
  集団心理で暴走する輩いますよ。誰がいるかわからないし。・・・・危険です。

その経済効果も年々増加し、
日本記念日協会(長野県佐久市)の推計では、
2010年には380億円だったハロウィーン市場は、
14年に1100億円と約3倍に拡大。
ついに、バレンタイン市場1080億円を追い抜いた。
今年は1220億円が見込まれているという。

ここ数年、
ハロウィーンは日本のイベントとして、じんわりと定着してきた。
それでも、クリスマスやバレンタインデーに比べると、まだなじみが薄い感があった。
ところが昨年、国民的イベントと呼べるほど急速に盛り上がった。

              自分たちが扇動して、この言い様。・・・マスゴミですか。


社会・政治 「日本近海での出来事!」 (2015-10-30)

南アの出来事が気がかりなロシア
さっそくジャブをかける。・・・・・中国は困惑。
さて、日本自衛隊は米国との共同行動でどのような対応をしてゆくか?


米国が海軍艦艇の派遣
「フリーダム・オブ・ナビゲーション(航行自由)作戦」の腹を固めたのは、
中国の暴挙が放置できないレベルに達しているからだ。

中国は現在、南シナ海のほぼ全域を囲む9つの線からなる「九段線」(赤い舌)を引き、
国際法を無視して南シナ海の大部分を「自国の領海だ」と主張。
周辺国を力で恫喝し、複数の岩礁を埋め立てて軍事基地化を進めている。

3000メートル級の滑走路を持つ人工島まで出現させている。

米国や周辺国の抗議や警告に対し、
習氏は、中国が南シナ海を一度も支配したことがないのに、
「中国が行っている活動は、領土主権を守るための正当なものだ」と強弁した
(ロイター通信のインタビュー)。

「ワシントン共同」
米国防総省のデービス報道部長は29日、
日本海に展開していた米海軍の原子力空母ロナルド・レーガンに現地時間27日、
ロシア軍機が約150メートルの距離まで接近したため、艦載機が緊急発進したことを明らかにした。

ロナルド・レーガンは米海軍横須賀基地を母港としている。

米メディアによると当時、朝鮮半島の東の公海上を航行していた。

接近したのは2機の対潜哨戒機ツポレフ142で、米軍のFA18戦闘機4機が発進した。

空母側は無線で交信を呼び掛けたが、ロシア機側からの応答はなかったという。

4113件中836-840件

前へ1....163164165166167168169170171172173....823次へ