Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2018年11月2018年12月2019年01月全て

4162件中836-840件

前へ1....163164165166167168169170171172173....833次へ

社会・政治 「そりゃそうだ。」 (2015-12-17)

「どっかの、日本のいわゆる自動車評論家が、
日本の独フォルクスワーゲン(VW)の異常な販売落ち込みを、
日本人の潔癖な素質として、神経質になりすぎと皮肉っていましたが?
そりゃ、バッシングできませんよね。癒着してますから。

米調査会社オートデータが1日発表した米国の11月の新車販売台数によると、
独フォルクスワーゲン(VW)は前年同月比24・7%減の2万3882台と、大幅に落ち込んだ。

9月に排ガス不正が発覚後、初めて前年実績を下回った。
一部の車種の販売停止やイメージの悪化で、顧客離れが進んでいるとみられる。

一方、全体の販売台数は1・4%増の131万9913台と、
11月としては2001年以来、14年ぶりの高い水準だった。

メーカー別では、
米ゼネラル・モーターズ(GM)が1・5%増の22万9296台、
米フォード・モーターが0・3%増の18万6889台、
欧米フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)が
3・0%増の17万5974台となった。

日本勢は、
トヨタ自動車が3・4%増の18万9517台、
日産自動車が3・8%増の10万7083台となったが、
ホンダは5・2%減の11万5441台だった。

2015年12月02日 10時29分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

トピックス 「デスノートの、神戸ロケ中!」 (2015-12-16)


      「深夜にスクランブル交差点で、爆発。5人の意識不明者。パニック!」


結構大がかりなロケしてます。・・・・・「なんと4日間。」
深夜10時ごろから朝4時ごろまで。
元町商店街。スクランブルなどあらゆるところで、ロケ。
そのこと自体は興味ないのですが。
商店街の店主や、オーナーが、
「店頭の照明施設を、点灯しておかなければならず、
いつ終わるか分からず、大変!。」と聞き及びます。
確かに、大丸も、ユニクロも、マイケルコースも、主だったビルの照明が、
深夜もついたままです。
協力も大変。     とりわけ個人店は大変です。

トピックス 外資系ホテル・・1泊¥3000円~から (2015-12-15)

これなら日本人も飛びつくかも。
外国人に好評のニセコです。

【倶知安】

1人1泊3千円からという割安ホテル「マイ・エコロッジ」が25日、
後志管内倶知安町ひらふ地区に開業する。

スキーリゾート「ニセコ」では高級ホテルが相次ぎ進出を発表する一方、
安価な宿泊施設も開業し、多様化が進む。

マレーシアの不動産開発会社社長らが設立した同名の会社が経営する。
地区の入り口に立地し、
ニセコグラン・ヒラフスキー場へは車で約3分。

同スキー場への送迎サービスもある。

木造一部鉄筋コンクリートの地上2階地下1階建てで、
延べ床面積は約1800平方メートル。
1部屋約15平方メートルで、
ツインの個室50室と、
2段ベッド2台を置き最多4人が宿泊する相部屋が18室ある。
共用の台所、コインランドリーを備える。

素泊まりのみで、
冬季は宿泊時期によって
相部屋が1泊1人当たり3千~1万円、
ツインは同5千~1万5千円程度。




健康・医療 「よく考えましょう!」 (2015-12-14)



世界保健機関(WHO)の「幼児および小児の摂食に関する世界的戦略」がリストアップしている、


本人による授乳への「最善とされる代替案」からの引用です。




・幼児自身の母から搾り取った母乳。
・健康な乳母あるいは母乳バンクの母乳。
・カップによる母乳の代わりとなるものの摂取。


トピックス 動かないのに…関連総費用1兆1703億円 (2015-12-13)

もんじゅ:

毎日新聞 毎日新聞
毎日新聞

1995年12月に冷却材のナトリウム漏れ火災事故を起こして以来ほとんど運転していない高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)関連の総費用が今年3月末までに約1兆1703億円にのぼったことが運営主体・日本原子力研究開発機構への取材で分かった。これまでは、会計検査院が2011年に総額「1兆810億円」と指摘したが、その後の総額は明らかになっていなかった。もんじゅは過去5年間動いていないが、プラントの維持に加えて固定資産税や人件費も含め年平均220億円以上を支出していることも分かった。来年度には総額1兆2000億円を突破しそうだ。

 もんじゅは、85年に着工し、94年に核分裂が持続する「臨界」に達し、翌年に送電を始めた。しかし、ナトリウム火災を起こして長期停止。10年5月に原子炉を再起動したが、同8月に燃料交換装置が原子炉内へ落下して以来、再び長期停止している。停止中でも、もんじゅが使うナトリウムは常温では固まるため、電気であたためて液体状に保つ必要があり、こうした維持費が積み重なっていた。

 原子力機構は、もんじゅの10年度までの総事業費について約9265億円と公表していた。しかし、会計検査院が11年11月、関連施設の費用や固定資産税、人件費などを含めて算出すると、総支出額は1兆810億円だったと指摘し、経費の全体規模を公表するよう機構に意見を表明していた。

 今回、毎日新聞の取材に対し原子力機構は、14年度までのもんじゅの人件費が約533億円、固定資産税が記録が残る99年度以降で412億円と提示。こうした結果、支出総額は71年度以降の建設準備費なども含め約1兆1703億円と算出した。

4162件中836-840件

前へ1....163164165166167168169170171172173....833次へ