Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2020年02月2020年03月2020年04月全て

4323件中76-80件

前へ1....1112131415161718192021....865次へ

健康・医療 参考文献4 (2020-02-04)

いまだ病院関係でないと検査できないでしょうが。
保健所通達ですか?これ。…診療所レベルではできません。
一般病院。診療所には来ておりませんし、不可能です。
通知だけして、どこでも受けれるようなな勘違いされます。

 保健所なら可能でしょうが、pcr検査・・¥10000円かかります。

厚生労働省は4日、
新型コロナウイルス検査を受ける対象を拡大し、
自治体や医療機関に通知したと発表した。

渡航歴は中国湖北省武漢市から湖北省全体に広げ、
症状は37.5度以上の発熱と呼吸器の症状があれば、
肺炎と診断されていなくても対象とする。
このほか、湖北省に滞在歴のある人と濃厚接触をした人も含める。

 厚労省はこれまで対象者の範囲を
「武漢市に渡航歴がある」や
「肺炎と診断された」と限定していた。

しかし武漢市に渡航歴がなかったり、
患者との接触が明らかでなかったりする感染者も国内で見つかったため、対象を広げた。

健康・医療 参考文献2 (2020-02-04)

 それは感冒症状を呈する多くの患者が、新型コロナウイルスの感染を心配しているからだ。私の外来を発熱や咳で受診する患者の多くは、「新型コロナウイルスの検査をしてほしい」と希望する。

 すでにヒトからヒトにうつることが確認され、日本国内に複数の患者が確認されているのだから、不安になるのも当然だ。

 このような患者の不安を和らげるには、実際に検査をするのがいい。検査をして、自分が感染していないことを確認すると、誰もが安心する。

 新型コロナウイルスの検査は簡単だ。鼻腔やのどに綿棒を入れてぬぐい液を採取し、PCR法を用いてコロナウイルスの遺伝子の有無を調べればいい。

 PCR法は多くの感染症に対して、臨床応用されている。簡単な検査で、設備さえあれば数時間で結果は出る。外部の検査会社に委託する場合でも、翌日には結果が戻ってくる。

 ところが普通の国民は、このような検査を受けることができない。厚労省の方針で、検査は中国からの帰国者や濃厚接触者など、ごく一部に限定されているからだ。

 東京都文京区で「似鳥クリニック」を経営する似鳥純一医師は、自らの『フェイスブック』に以下のように記している。

〈普通に考えて、、(ママ)新型コロナウイル感染症疑いの方の患者さんを診察した場合、診断のために東京都はすべて検査をしてくれると思うでしょ。

 検体の受け入れに関して保健所に質問してみたところ、検査はかなり限定的だってことを知りました。

 日本人が二次的に感染をした可能性があっても検体の受け入れはない。。。。。。現在はそのような方針のようです。〉

 厚労省がやるべきは、希望者すべてが検査できるような体制を整備することだ。財源を用意し、保険診療に入れればいい。あとは放っておいても医療機関と検査会社が体制を整備してくれる。

 新型コロナウイルス感染は指定感染症のため、陽性になれば、医師には報告義務が課されている。厚労省はリアルタイムに感染状況を把握できる。

 その費用は1検体で1万円くらいだから、100万人が検査しても、100億円程度だ。

 SNSアプリを介して情報を集めている中国は、すでに同様の対応をとっていることになる。このあたりも実に見事だ。

 東京都健康安全研究センターが発行する『インフルエンザ情報』に掲載されている図は、東京都のインフルエンザの患者数の推移を示している。

 例年1月に急増するインフルエンザ感染が、今年はあまり増加していない。新しい感染症が流行すると、それまで流行していた感染症の勢いが急になくなることがある。新型コロナウイルスとインフルエンザの関係が、そうなっていないことを願う。

 以上、新型コロナウイルス対策について私見を述べた。落ち着いて新型コロナウイルス対策を見直す時期である。 

健康・医療 下船させてしまいました。 (2020-02-04)

 クルーズ客船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客で香港に戻った男性(80)が新型コロナウイルスに感染したことが確認された問題で、同船の乗客のうち13人が那覇で下船していたことが3日、那覇検疫所などへの取材で分かった。

ここまで、現実があるのに、
那覇で、下船させたということは、
その方たちは、2週間国内を歩き回るということです。

これが防疫でしょうか?
 

13人が感染者男性と濃厚接触した可能性や現在の所在などについて
那覇検疫所の担当者は回答を控え、
調査は「厚労省の指示に基づき粛々と進めていく」と述べた。

那覇は感染者男性が香港で下船した後の寄港地で、男性は那覇に立ち寄っていない。

県立中部病院感染症内科の椎木創一医師は
「船の中でどの程度の暴露があったか分からないと感染リスクの評価は難しい」とした上で、
これまでの疫学データから
「感染にはある程度近距離で何らかの飛沫(ひまつ)や
接触が起こり得るシチュエーションが必要」と指摘。

巨大な船の中という環境下で13人に発症がない限り
「現時点でリスクは低いと考える」と分析した。

健康・医療 無症状で、発熱。 (2020-02-04)


 無症状からの発症。
 一時改善からの肺炎。
 潜伏期内感染。


 これらすべて、体内でエイズウイルスが、正常免疫細胞と共存して、免疫反応を起こさず、
 体内で、増殖し、潜伏期防疫をすり抜け、その後に発症し、
 潜伏期間を延長し、その後に発症する。 
 完全なシナリオが作られた、設計図をもとに作為的に作られた、ウイルスのような気がして、
 なりません。

 中国のその研究者は、エイズウイルスが、自己免疫不全させる因子を
 研究していたということです。関連が気になります。

健康・医療 参考文献です。資料として確保しています。 (2020-02-03)

特効薬の確保も重要な事項らしい、
なぜなら、特効薬がなく、もし、開発してのであったら、
自国も、自滅してしまいます。
今現在、効果ある薬物として発表があるのは、アメリカ・カナダ・タイですかね。


                 中国生物兵器エージェントの t香果博士


彼女はその後の2006年から、
カナダのNMLで強力なウイルスの研究活動に従事し、
2014年にNMLから中国に運び込まれたとされるウイルス群
(マチュポ、フニン、リフトバレー熱、クリミア・コンゴ出血熱、
ヘンドラなどのウイルスを含む)は、彼女が担当していたウイルスだった。



Evaluation of transmission risks associated with in vivo replication of several high containment pathogens in a biosafety level 4 laboratory. - PubMed - NCBIPubMed comprises more than 30 million citations for biomedicawww.ncbi.nlm.nih.gov

カナダ研究所への潜入

香果博士はもう一人の中国人科学者(彼女と同じ
くNML勤務)特に「科学技術」が専門の她c丈夫(Keding Cheng)博士と結婚している。
丈夫博士は細菌学者であり、後にウイルス学に転向した。
2人とも中国の生物戦争兵器プログラムに関与しており、
中国科学施設からの留学生として、
他の多くの中国人工作員に紛れてカナダのNMLに潜入した疑いがある。

中国軍の生物兵器プログラムに直接関わっていたとされる科学研究所には以下がある。

1. 長春軍医学校獣医学部
2. 成都軍区疾病対策センター
3. 湖北省中国科学院, 武漢ウイルス学研究所
4. 北京中国科学院微生物研究所


情報筋によると、
t香果と彼女の夫c的丈夫は、
2019年7月5日にウィニペグの国立微生物研究所から更迭されたという。

4323件中76-80件

前へ1....1112131415161718192021....865次へ