Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2018年09月2018年10月2018年11月全て

4111件中71-75件

前へ1....1011121314151617181920....823次へ

健康・医療 危機的状況! (2018-07-25)


外出禁止令が必要です。

 高齢者・幼児は、11時から17時前後まで外出禁止の措置が必要な状況です。

 カフェイン摂取も、注意が必要です。

 もう、西日本は、亜熱帯ではなく、熱帯地領域です。
 沖縄より高いのですから。お茶飲んで縁側で涼むことはできません。
 風がないのです。・・・・熱波!

記録的猛暑が続く中、
総務省消防庁は24日、
16~22日の1週間に熱中症で救急搬送された人が
全国で2万2647人(速報値)に上ったと発表した。

週単位の搬送者数は統計を取り始めた2008年以降、最多という。

死者数も65人(同)で、過去最多だった。

気象庁は「気温の高い状態は今後2週間は続く」として、警戒を呼びかけている。

総務省消防庁によると、65歳以上の高齢者が1万525人で、搬送者の46・5%を占めた。


健康・医療 当院は、無料です。 (2018-07-24)



診療録(カルテ)のコピーを患者らが請求した際に求められる料金が、
病院間で大きく違うことが厚生労働省の調査でわかった。

対象となった全国の主要病院の2割近くは、
白黒コピー1枚でも5千円以上かかる設定だった。
厚労省は20日、自治体に通知を出し、
実際の費用を積み上げて料金を決めるよう医療機関に周知するよう求めた。

カルテや検査結果などの診療記録は、
治療をめぐるトラブルがある場合や、
自身の病状や治療を詳しく知りたい場合に請求される。
2003年に厚労省が指針を作成。
個人情報保護法は、本人が希望すれば病院や診療所は原則開示する義務があるとし、
実費を勘案した合理的な範囲で手数料をとれると定めている。


朝日新聞
 
厚労省が昨年、
高度な医療を提供する特定機能病院と大学病院の計87施設を調べると、
白黒1枚の請求でも16%は手数料などで5千円以上になり、
3千円台も15%あった。
一方、67%は1千円未満で手数料がないか、低額だった。

また、5%の病院は渡す際に医師の立ち会いが必須だった。そのために高額になるケースもある。

 通知では、請求内容によって費用が変わりうる点や一律の料金設定は「不適切な場合がある」と注意を求め、医師の立ち会いを必須とするのは「不適切」としている。(阿部彰芳)

健康・医療 この人たちの 顔覚えておきましょう。完全な圧力団体です。  (2018-07-22)




議員名
会長 野田毅 衆議院 熊本2区 自民党たばこ特別委員会(顧問)[7] [5][6]
顧問 麻生太郎 衆議院 福岡8区 [5][6]
高村正彦 衆議院 山口1区 第48回衆院選(2017年)に出馬せず引退 [5][6]
谷垣禎一 衆議院 京都5区 第48回衆院選(2017年)に出馬せず引退 [5][6]
伊吹文明 衆議院 京都1区 [5][6]
衛藤征士郎 衆議院 大分2区 [5][6]
大島理森 衆議院 青森3区 [5][6]
額賀福志郎 衆議院 茨城2区 [5][6]
副会長 石破茂 衆議院 鳥取1区 [5][6]
石原伸晃 衆議院 東京8区 [5][6]
山口俊一 衆議院 徳島2区 自民党たばこ特別委員会(顧問)[7] [5][6]
岸田文雄 衆議院 広島1区 [5][6]
塩谷立 衆議院 静岡8区 [5][6]
高市早苗 衆議院 奈良2区 [5][6]
田中和徳 衆議院 神奈川10区 [5][6]
金田勝年 衆議院 秋田2区 自民党たばこ特別委員会(副委員長)[7] [5][6]
宮腰光寛 衆議院 富山2区 自民党たばこ特別委員会(元・副委員長)[6][7] [5][6]
江渡聡徳 衆議院 比例東北ブロック 自民党たばこ特別委員会(委員長)[7] [5][6]
西川公也 衆議院 栃木2区 第48回衆院選(2017年)で落選 [5][6]
宮沢洋一 参議院 広島県選挙区 [5][6]
幹事長 山田俊男 参議院 参議院比例区 自民党たばこ特別委員会(副委員長)[7] [5][6]
幹事長代理 金子恭之 衆議院 熊本4区 自民党たばこ特別委員会(副委員長、事務局長)[7] [5][6]
長島忠美 衆議院 新潟5区 2017年没 [5][6]
幹事 竹下亘 衆議院 島根2区 [5][6]
谷公一 衆議院 兵庫5区 [5][6]
大塚高司 衆議院 大阪8区 [5][6]
中川雅治 参議院 東京都選挙区 [5][6]
事務局長 坂本哲志 衆議院 熊本3区 自民党たばこ特別委員会(副委員長)[7] [5][6]

所属議員[編集]


議員

吉川貴盛 衆議院 北海道2区 [6]
中村裕之 衆議院 北海道4区 [6]
津島淳 衆議院 青森1区 [6]
木村太郎 衆議院 青森4区 2017年没 [6]
鈴木俊一 衆議院 岩手2区 自民党たばこ特別委員会(元・委員長)[6][7] [6]
秋葉賢也 衆議院 宮城2区 [6]
伊藤信太郎 衆議院 宮城4区 [6]
小野寺五典 衆議院 宮城6区 [6]
遠藤利明 衆議院 山形1区 [6]
根本匠 衆議院 福島2区 [6]
吉野正芳 衆議院 福島5区 [6]
田所嘉徳 衆議院 茨城1区 [6]
梶山弘志 衆議院 茨城4区 [6]
石川昭政 衆議院 茨城5区 [6]
永岡桂子 衆議院 比例北関東ブロック(茨城7区) [6]
佐藤勉 衆議院 栃木4区 [6]
渡辺博道 衆議院 千葉6区 [6]
林幹雄 衆議院 千葉10区 [6]
森英介 衆議院 千葉11区 [6]
白須賀貴樹 衆議院 千葉13区 [6]
秋元司 衆議院 東京15区 [6]
大西英男 衆議院 東京16区 [6]
松本純 衆議院 神奈川1区 [8]
牧島かれん 衆議院 神奈川17区 [6]
斎藤洋明 衆議院 比例北陸信越ブロック(新潟3区) [9]
高鳥修一 衆議院 新潟6区 [6]
北村茂男 衆議院 石川3区 第48回衆院選(2017年)に出馬せず引退 [6]
後藤茂之 衆議院 長野4区 [6]
宮下一郎 衆議院 長野5区 [10]
武藤容治 衆議院 岐阜3区 [6]
宮澤博行 衆議院 静岡3区 [6]
勝俣孝明 衆議院 比例東海ブロック(静岡6区) [11]
神田憲次 衆議院 比例東海ブロック(愛知5区) [6]
三ツ矢憲生 衆議院 三重4区 [6]
上野賢一郎 衆議院 滋賀2区 [6]
田中英之 衆議院 京都4区 [6]
長尾敬 衆議院 大阪14区 [6]
神谷昇 衆議院 比例近畿ブロック(大阪18区) [6]
門博文 衆議院 比例近畿ブロック(和歌山1区) [12]
赤澤亮正 衆議院 鳥取2区 [6]
細田博之 衆議院 島根1区 [6]
寺田稔 衆議院 広島5区 [6]
岸信夫 衆議院 山口2区 [6]
河村建夫 衆議院 山口3区 [6]
平井卓也 衆議院 香川1区 自民党たばこ特別委員会(副委員長)[7] [6]
瀬戸隆一 衆議院 香川2区 第48回衆院選(2017年)で落選 [6]
大野敬太郎 衆議院 香川3区 自民党たばこ特別委員会(元・幹事)[6][7] [6]
村上誠一郎 衆議院 愛媛2区 [6]
山本公一 衆議院 愛媛4区 [6]
後藤田正純 衆議院 徳島1区 [6]
中谷元 衆議院 高知1区 [6]
山本有二 衆議院 比例四国ブロック(高知2区) [6]
福山守 衆議院 比例四国ブロック [6]
福井照 衆議院 比例四国ブロック [6]
鬼木誠 衆議院 福岡2区 [6]
岩田和親 衆議院 比例九州ブロック(佐賀1区) 自民党たばこ特別委員会(幹事)[7] [6]
古川康 衆議院 比例九州ブロック(佐賀2区) [6]
加藤寛治 衆議院 長崎2区 自民党たばこ特別委員会(幹事)[7] [6]
谷川弥一 衆議院 長崎3区 [6]
北村誠吾 衆議院 長崎4区 自民党たばこ特別委員会(副委員長)[7] [6]
岩屋毅 衆議院 大分3区 自民党たばこ特別委員会(副委員長)[7] [6]
保岡興治 衆議院 鹿児島1区 第48回衆院選(2017年)に出馬せず引退 [6]
小里泰弘 衆議院 鹿児島3区 [6]
森山裕 衆議院 鹿児島4区 自民党たばこ特別委員会(顧問)[7] [6]
西銘恒三郎 衆議院 沖縄4区 [6]
石井浩郎 参議院 秋田県選挙区 [6]
愛知治郎 参議院 宮城県選挙区 自民党たばこ特別委員会(副委員長)[7] [6]
森まさこ 参議院 福島県選挙区 [6]
岡田広 参議院 茨城県選挙区 自民党たばこ特別委員会(副委員長)[7] [6]
上月良祐 参議院 茨城県選挙区 [6]
上野通子 参議院 栃木県選挙区 [6]
石井準一 参議院 千葉県選挙区 [6]
塚田一郎 参議院 新潟県選挙区 自民党たばこ特別委員会(副委員長)[7] [6]
岡田直樹 参議院 石川県選挙区 [6]
渡辺猛之 参議院 岐阜県選挙区 [6]
藤川政人 参議院 愛知県選挙区 [6]
二之湯智 参議院 京都府選挙区 [6]
西田昌司 参議院 京都府選挙区 [6]
堀井巌 参議院 奈良県選挙区 [6]
舞立昇治 参議院 鳥取県選挙区 [6]
青木一彦 参議院 鳥取県・島根県選挙区 [6]
林芳正 参議院 山口県選挙区 [6]
三宅伸吾 参議院 香川県選挙区 [6]
磯崎仁彦 参議院 香川県選挙区 [6]
山本順三 参議院 愛媛県選挙区 [6]
中西祐介 参議院 徳島県・高知県選挙区 [6]
大家敏志 参議院 福岡県選挙区 [6]
山下雄平 参議院 佐賀県選挙区 [6]
福岡資麿 参議院 佐賀県選挙区 [6]
古賀友一郎 参議院 長崎県選挙区 [6]
金子原二郎 参議院 長崎県選挙区 [6]
松村祥史 参議院 熊本県選挙区 自民党たばこ特別委員会(副委員長)[7] [6]
礒崎陽輔 参議院 大分県選挙区 [6]
野村哲郎 参議院 鹿児島県選挙区 自民党たばこ特別委員会(副委員長)[7] [6]
木村義雄 参議院 参議院比例区 [6]
藤木眞也 参議院 参議院比例区 自民党たばこ特別委員会(事務局次長)[7] [6]

設立趣旨[編集]

1.製造たばこ小売販売業の許可に係る低調店特例の廃止

2.厚生労働省の主導によるたばこ増税を消費税率改定の時期に合わせて実施しないこと

3.過度な喫煙規制に反対し喫煙者と非喫煙者が共存できる分煙社会の構築

健康・医療 ざるの法案!…・タバコ議員連盟!! (2018-07-21)

成立した改正法は他の開催国と比べて大きく見劣りする内容となった。

厚労省は16年10月に示した「たたき台」から、
飲食店や事務所に喫煙室の設置を認め、
5カ月後の骨子案では30平方メートル以下のバーやスナックは喫煙可能とする
例外措置を飲食店に導入。
自民党の「たばこ議員連盟」などがさらなる緩和を求め例外対象は広がった。

 
その結果、
飲食店は例外的に客席面積100平方メートル以下などの既存店は喫煙可とし、
禁煙の規制対象は全体の約45%。
先月成立した東京都の受動喫煙防止条例では約84%が対象とされ、
「国の規制は効果に乏しい」との指摘もある。
4段階の「最低」だったWHOによる規制状況の評価も、全面施行で1ランク上がるだけだ。

 飲食店は受動喫煙を受けやすい場所だ。
厚労省の16年の調査ではたばこを吸わない成人が月1回以上、
飲食店で受動喫煙に遭う割合は42%。
20代に限れば61%に上る。
天野さんは「飲食店の経過措置は早期に見直してほしい」と訴えた。

トピックス 0.5%上昇する家計…気温1度上昇で。(新聞から) (2018-07-20)

 
神戸の南京町は、すかすかでした。
これは、奇跡に近い。旅行客がいません。

暑いとエアコンが売れ、電気代も増え、
冷たい飲み物やアイス、スキンケア商品などの売れ行きも好調になる。
それらの商品を運ぶための段ボールやエネルギーの需要も高まる。
涼むために飲食店や映画館に入る人も増え
プールなどもにぎわうことが多い。ここまでは、多くの人が想像できるだろう。

 一方、屋外の遊園地は敬遠されるし、
モノを温めるガス代は減るなど、
猛暑がマイナスに利く業種も当然、ある。
そんなプラスマイナスは最終的に、経済全体にはどう表れるのか。

第一生命経済研究所が約20年分の7~9月期の国内総生産(GDP)と、
同じ時期の東京と大阪の平均気温の関係を分析したところ、
気温が1度上がると、
家計消費支出を0・5%(2884億円)押し上げる効果があった。
今年、観測史上最も暑かった2010年と同程度の暑さになれば、
家計消費支出が4900億円(0・9%)ほど増え、
7~9月期のGDPの実質成長率を0・2%程度押し上げると推

4111件中71-75件

前へ1....1011121314151617181920....823次へ