Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2020年01月2020年03月2020年03月全て

4315件中71-75件

前へ1....1011121314151617181920....863次へ

健康・医療 無症状で、発熱。 (2020-02-04)


 無症状からの発症。
 一時改善からの肺炎。
 潜伏期内感染。


 これらすべて、体内でエイズウイルスが、正常免疫細胞と共存して、免疫反応を起こさず、
 体内で、増殖し、潜伏期防疫をすり抜け、その後に発症し、
 潜伏期間を延長し、その後に発症する。 
 完全なシナリオが作られた、設計図をもとに作為的に作られた、ウイルスのような気がして、
 なりません。

 中国のその研究者は、エイズウイルスが、自己免疫不全させる因子を
 研究していたということです。関連が気になります。

健康・医療 参考文献です。資料として確保しています。 (2020-02-03)

特効薬の確保も重要な事項らしい、
なぜなら、特効薬がなく、もし、開発してのであったら、
自国も、自滅してしまいます。
今現在、効果ある薬物として発表があるのは、アメリカ・カナダ・タイですかね。


                 中国生物兵器エージェントの t香果博士


彼女はその後の2006年から、
カナダのNMLで強力なウイルスの研究活動に従事し、
2014年にNMLから中国に運び込まれたとされるウイルス群
(マチュポ、フニン、リフトバレー熱、クリミア・コンゴ出血熱、
ヘンドラなどのウイルスを含む)は、彼女が担当していたウイルスだった。



Evaluation of transmission risks associated with in vivo replication of several high containment pathogens in a biosafety level 4 laboratory. - PubMed - NCBIPubMed comprises more than 30 million citations for biomedicawww.ncbi.nlm.nih.gov

カナダ研究所への潜入

香果博士はもう一人の中国人科学者(彼女と同じ
くNML勤務)特に「科学技術」が専門の她c丈夫(Keding Cheng)博士と結婚している。
丈夫博士は細菌学者であり、後にウイルス学に転向した。
2人とも中国の生物戦争兵器プログラムに関与しており、
中国科学施設からの留学生として、
他の多くの中国人工作員に紛れてカナダのNMLに潜入した疑いがある。

中国軍の生物兵器プログラムに直接関わっていたとされる科学研究所には以下がある。

1. 長春軍医学校獣医学部
2. 成都軍区疾病対策センター
3. 湖北省中国科学院, 武漢ウイルス学研究所
4. 北京中国科学院微生物研究所


情報筋によると、
t香果と彼女の夫c的丈夫は、
2019年7月5日にウィニペグの国立微生物研究所から更迭されたという。

健康・医療 症状の参考文献です。 (2020-02-03)


中国・武漢市を中心に急増している新型コロナウイルスによる肺炎に関し、
国立国際医療研究センターの忽那賢志医師は2日、
金沢市内で開かれた日本臨床微生物学会で、
国内で確認された患者らの情報を基に
「1週間ぐらい(のどの痛みやせきなどの)上気道炎の症状が続く」と報告した。

 忽那医師は、発症からしばらくは「肺炎を伴わないことがあり、診断が難しい」と述べた。

 中国での死亡者の多くは持病があったと報告されており、
同センターの大曲貴夫・国際感染症センター長は
「(健康な人の場合)思ったよりずっと軽症だ」と指摘。

「マスコミで醸し出されている印象との強烈な乖離(かいり)を感じる」

無し やはり人的合成ウイルス?の、漏えい。 (2020-02-03)


コロナとエイズのウイルスの要素。
混合は通常ありえないということは、人的操作ではないでしょうか?
腸管にも寄生となると、となると、エンテロウイルスの要素も。
完全にハイブリッドではないですか?

タイ英字紙によると、
中国の武漢市からタイに観光で訪れていた70代の中国人女性が1月29日、
重度の新型肺炎の症状を見せたため入院した。

治療にあたった医師がインフルエンザ治療薬と
、HIV(エイズウイルス)治療薬を混ぜて使ったところ、
48時間以内に陰性になったという。

 会見した医師2人は、使ったのは、
インフルエンザ治療薬の
「タミフル(一般名オセルタミビル)」と、
抗エイズ薬の「リトナビル」などと説明。

「患者は12時間後にはベッドに座ることが出来た」と話した。

現在、治療薬の根拠についての研究結果を待っているという。(今村優莉)

トピックス いつもの話。 (2020-02-02)


インフルエンザ判定のタイムラグ。

インフルエンザウイルスに感染してもすぐに症状は出ません。
1~3日間の潜伏期間
(症状は出ないが、感染した後、体内でウイルスが増えてきている状態)を経た後に、
発熱、倦怠感などの症状が出現します。

発症直後にはインフルエンザ迅速検査を行っても陽性となりづらく、
またこの検査は、本当にインフルエンザに感染していても、
必ず陽性になるわけではありません。

逆に、検査陰性であっても、インフルエンザに感染していないとは言い切れません。



インフルエンザであった場合、
症状の出現直後に受診しても診断がつかないことがありますので、
非常に重篤な状態でなければ、
発熱後10時間を目安に受診してみてはいかがでしょうか。

症状の強さ、持続期間は個人差がありますが、
発症より4~5日前後で軽快傾向となることが多いです。

抗インフルエンザ薬による治療は
発症より2日以内に治療を開始しなければ、
効果が得られないことがありますので御注意下さい。

4315件中71-75件

前へ1....1011121314151617181920....863次へ