Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2019年09月2019年10月2019年11月全て

4207件中711-715件

前へ1....138139140141142143144145146147148....842次へ

社会・政治 「気をつけましょう!」 (2016-06-07)


自転車の「危険行為」と「有料講習」

信号無視や一時不停止など、自転車の「危険行為」を繰り返した人に
自転車運転者講習(有料講習)を義務づける改正道路交通法の施行から、
6月で1年になる。
4月末までに各都道府県警で1万件超の危険行為を確認したが、
3分の1を占めてワースト1になったのは、大阪だった。取り締まる府警も頭を抱える。

警察庁によると、
昨年6月から今年4月末に講習の対象になった危険行為は全国で1万3455件。
大阪は4594件(34・1%)で、
東京(3184件)、
兵庫(1745件)が続いた。

違反別では最多の信号無視が全国で5765件で、
大阪はそのうち3074件と半数以上を占めた。

危険行為はどのようにカウントされるのか。
まずは、その行為を目撃した警察官が「指導警告」をする。
従わなければ、刑事処分の対象となる交通切符(赤切符)を切る。

これで一つの危険行為となる。

トピックス 「IPS液晶がなくなる?」 (2016-06-06)

 

IPS液晶は、プラズマ主流のパナが、
        日立かどこかの企業から液晶として性能が優秀だったため
        パテントをとってまで、パナの液晶として売り出した、
        いわくつきの液晶です。

        大きな企業はやることが、ごつい。
        サンヨーエネループもそうですが、切り売りして、
        方やパナの主流収益製品である充電池。
        そして、液晶は、韓国・中国・台湾に負け、とうとう撤退。

        シャープは台湾。
        そして、次期主流になるであろう、有機ELも、韓国台湾。
        すべて、日本の発明品なのに。

                「どうしたもんじゃろな~!」

パナソニックがテレビ用液晶パネルの生産から撤退する方針を固めたことが、わかった。
赤字が続いているためで、9月末をメドに姫路工場(兵庫県姫路市)での生産をやめる。
同社が撤退すると、国内でテレビ用液晶パネルをつくるのはシャープ系のみとなる。

パナソニックは撤退の方針を既に取引先に伝えた模様だ。
姫路工場で働く約1千人の従業員のうち、
数百人は国内のほかの工場に配置転換する方向で検討している。

姫路工場は2010年4月に稼働を始めたが、赤字続きで、
12年3月期には765億円の営業赤字を計上した。
コスト削減を図ったり、
海外のテレビメーカーに液晶パネルを売ったりしたが、黒字転換までには至っていない。

トピックス 「このまんま!USJで使用できます。」 (2016-06-05)

車体に布生地やクッションをふんだんに使った超小型電気自動車(EV)の試作車を、
EV開発ベンチャーの「rimOnO(リモノ)」(東京)と、
素材大手の三井化学や帝人フロンティアなど4社が共同開発し、報道陣に公開した。

大きさは一般的なセダンタイプの4分の1。
「やわらか素材」を多用したのが特徴で、
コンセプトは「スローで人にすごくやさしい車」。

三井化学がウレタン素材のクッションを内外装に提供し、帝人のテント用生地で車の表面を覆った。

「表面をいろんなデザインで着せ替えできる。
車好きでない人にも欲しいと思ってもらいたい」と、

リモノの伊藤慎介社長は話す。

トピックス 「トヨタが提携!」 (2016-06-04)

      タクシー業界いびりか? 

ライドシェア(相乗り)は、
未来のモビリティー社会を創造する上で大きな可能性がある」(トヨタの友山茂樹専務役員)

 
「世界最大の自動車会社が当社に投資を行うことは喜ばしい」(ウーバーのエミール・マイケル氏)

この日、両社が発表した資本・業務提携の中心は、
一般ドライバーが自家用車などで他人を運んで収入を得るライドシェア事業の強化だ。

海外でウーバーの運転手にトヨタ車をリースで貸し、
運転手が収入からリース料を払う仕組みをつくるほか、車載アプリも共同開発する。

資本面でもトヨタの子会社などがウーバーに出資し、関係を強める。

健康・医療 「今の季節は、 カモガヤ・ホソムギ・オオアワガエリ・スズメノテッポウ」 (2016-06-03)


花粉症治療薬
「アレグラFX(一般名フェキソフェナジン)」など4成分の6商品の市販薬が
今夏以降、薬局などで薬剤師の不在時も購入できるようになる。
厚生労働省の専門家調査会が、
これらの市販薬について、薬剤師の説明が必要な「第1類」から、
登録販売者からも購入できる「第2類」か
「指定第2類」にリスク区分を変更することを承認した。

                      意見公募を経て厚労省が正式に決定する。

アレグラFXのほかは、
鼻炎用内服薬「ストナリニZ/コンタック鼻炎Z(セチリジン)」、
アレルギー用点眼薬「アイフリーコーワAL(アシタザノラスト)」、
解熱鎮痛薬「ナロンメディカル/リングルアイビー錠α200(イブプロフェン)」。

4207件中711-715件

前へ1....138139140141142143144145146147148....842次へ