Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2018年09月2018年10月2018年11月全て

4113件中611-615件

前へ1....118119120121122123124125126127128....823次へ

健康・医療 「ノーパンで!」 (2016-06-13)

女性のデリケートゾーンを清潔に保つには、通気性の良さが大切

ニューヨークの産婦人科医で自著
「V is for Vagina」が有名なアリッサ・デュエック医師は
「患者にはノーパンで寝ることをすすめている」とのこと。

女性用下着の多くは、ナイロンやポリエステルといったあまり空気を通さない素材が用いられています。
通気性の悪い下着を一日中身につけていると、バクテリアやイースト菌の温床になりやすく、
膣炎などの感染症を引き起こす原因となります。
デリケートゾーンの悩みは、
親しい間柄の人同士でもでもなかなか口にすることがない話題なので、
その実情は知られていませんが、なんと女性の約3分の1が、
菌の発生による感染症に悩まされているといわれています。

とはいえ、日常的に下着を身につけないノーパン状態というのは抵抗がありますよね。
だからこそ、寝ている時くらいは、
デリケートゾーンの風通しをよくしたほうが良いというのが専門家たちの意見。

それでも「どうしてもノーパンだと落ち着かない…」という人は、
コットン素材で通気性が良い下着を着用したり、
ジャストサイズではなく少しゆとりのあるサイズにしたりするといいかもしれません。

締め付けから身体を開放することで血行が良くなる

寝る時も、身体にぴったりとフィットした下着を身につけている人は要注意です。
下着のゴム痕が肌についてそのまま色素沈着してしまったり、
締め付けによって血の循環が悪くなり、むくみを引き起こす恐れがあります。

ボディラインを気にして少しキツめの下着をつけている人も多いですが、
美容のためにやっていたことが肌の黒ずみやむくみの原因になるとは、ショックですよね。

                       マイナビから引用」

トピックス 「これから大変です。」 (2016-06-12)

こういう場所が、にょきにょき竹の子のように街に出現するのでしょうね?

   それでは自転車はどこをはしれと?・・・・て言うんでしょうか?
   締め出されたら、車道ですか?

JR神戸駅(神戸市中央区)南側の歩道に、
「自転車通行止め」を呼び掛けるアーチ形の標識が出現した。

ハーバーランド周辺の商業施設へ向かう観光客らが主に利用する出口になっているが、
歩行者の動線を横切るように自転車が行き交い、接触事故が懸念されているためだ。

標識を設置する同駅は
「これまでも『自転車から降りて通行してください』と注意喚起していたが、
目立った効果がなかった」として、今春、標識設置に踏み切った。

高さ約70センチで幅約145センチ。
外国人にも分かるように、中国語や韓国語など4カ国語で表示し、
計12台を毎朝不規則に並べている。

トピックス 『世界史対照年表』です。 (2016-06-11)


中学・高校と歴史の授業うけていましたね。


「いい国造ろう…鎌倉幕府。」・・・・・これしか覚えていません。
なんかこれも間違いというような噂も、

戦後の歴史教育が、敗戦国というレッテルをはられ
其れまで当事国として、占領や併合など行ってきた罪悪感から、
過去の、まともな歴史教育を、ゆがめられ、
現在に至る、歴史教育。…歪んだままです。
東大や京大の有名な歴史学者も、敗戦当時から、中国や韓国の都合のよい
戦後教育の影響を受けた歴史学者しか、食べれなかった。
今の朝日放送や、フジテレビと同じ構図。

だが誇っていいのです。
世界年表で、ただ一単一国家で数千年維持できている国家は
日本だけなのです。

世界の人々からみて、この事実は、尊敬のまなざし以外の何物にも代えられない、誇りです。

健康・医療 金属アレルギー (2016-06-10)


ネックレスやピアス、歯の詰め物などで起きる金属アレルギーは、
イオンよりサイズの大きいナノ粒子が引き起こすとみられることを、
大阪大学のグループがマウスの実験で確かめた。


英科学誌ネイチャーナノテクノロジー電子版に31日発表した。

 
金属アレルギーはニッケル、銀などで起きることが知られている。
金属を身につけた際、
汗などで溶け出したイオンが皮膚を通して取り込まれると考えられているが、
マウス実験で金属イオンを注射してもアレルギーは起きず、
仕組みの解明が課題だった。

研究グループでは
金属イオン同士が結びついて数ナノ~100ナノメートル程度の粒子として
存在するとの報告があることに着目。
人工的に作製した銀のナノ粒子
(10ナノ~100ナノメートル)と
銀イオン(1ナノメートル以下)をそれぞれマウスに注射して調べたところ、
ナノ粒子を注射したマウスだけで耳の腫れがひどくなるアレルギー反応が起きた。

大阪大学薬学部の堤康央教授(毒性学)は
「動物実験モデルが出来たことで、
アレルギー発生の仕組みをより解明でき、新たな予防法や治療法の研究開発につながると思う」と話す。

                             (熊井洋美)

健康・医療 日本列島が猛暑になる仕組み (2016-06-09)


「ジカ熱の襲来もあり得るか?」

今年の夏は猛暑になる可能性が出てきた。
観測史上最も暑かった2010年と海や大気の状況が似ているところがあり、
さらにいくつかの条件が重なれば全国的に暑くなるという。

今年の夏、ラニーニャ現象で暑くなる? 気象庁が予想

気象庁の季節予報では、
8月の気温は東日本は平年並みか高く、
西日本は高い。

夏の後半から暑い日が多くなる見込みという。

4113件中611-615件

前へ1....118119120121122123124125126127128....823次へ