Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2018年11月2018年12月2019年01月全て

4162件中606-610件

前へ1....117118119120121122123124125126127....833次へ

健康・医療 介護用の靴は1足約2万円 (2016-08-01)


子ども用運動靴「瞬足(しゅんそく)」がヒットした靴メーカーのアキレスは、
認知症の人の靴に小型の発信器を取りつけて、見守りサービスに参入する。

セキュリティー機器製造の加藤電機(愛知県)、
介護事業を手がけるツクイ(横浜市)と共同開発した。

認知症の人が施設の外に出ると、
施設に設置した専用アンテナが靴の発信器の電波をとらえ、
職員や家族にメールで警告。居場所を特定することもできる。

発信器をつけた介護用の靴は1足約2万円、
受信器は約4万円。

ひとつの受信器で約20足は確認できる。

トピックス 無水鍋® ロングセラーの秘密 (2016-07-31)

       「男ですが、いつかはほしいすぐれもの!」

◎水がいらない
名前の通り、乾燥物以外は、水を加えず、
食品自体に含まれている水分を生かして調理ができます

◎栄養を逃がさない
水を余分に加えず、調理時間が短くてすむので栄養分が溶け出すのを防ぎます。
ほうれん草を「無水ゆで」(右写真)すると、
ほのかな甘みが残って驚くほどのおいしさ。
ビタミンも豊富に残っています。

◎オーブン代わりにも!超多機能性
煮る、炊く、蒸す、ゆでる、焼く、揚げる、炒める、
天火とあらゆる料理に対応できる万能鍋です。

◎熱効率バツグン!調理時間と光熱費を短縮
フタも本体も厚手のアルミ製だから熱の回りが早く、熱効率の良さはバツグン。
均一なアルミニウム合金鋳物製なので、
強火で調理する必要がほとんどなく、余熱調理もできる省エネなお鍋です。

◎耐久性に優れた3世代鍋
高純度・厚手のアルミニウム一体成型鍋だから、耐久性は半永久的。
親子3世代で愛用されているご家庭も少なくありません。

◎取扱い簡単、フタも鍋に使える
扱いやすいから使い方は簡単、
特別なお手入れも不要。
フタはフライパンや浅型の鍋として便利に使えます。

トピックス 「観に行こうかな?」 (2016-07-30)



狂言師の野村萬斎(50)が、
国産ゴジラ12年ぶりの新作となる映画「シン・ゴジラ」に“ゴジラ役”で
出演していることが29日、明らかになった。

都内で行われた初日舞台あいさつに萬斎がビデオメッセージを届け
「ゴジラという生物のDNAを私が継承しております」とサプライズ発表。

本作のゴジラはフルCGで描かれているが、
ーションキャプチャでデータ化した萬斎の動きが反映されている。

650年以上の歴史を誇る伝統芸の技術を怪獣王に注ぎ込んだ。
萬斎は「狂言のDNAが入ったということで非常にうれしく思っております。
ウヒィヒィという感じでございます」とノリノリ。

現実の動きをデジタル的に記録し、
反映させる技術・モーションキャプチャ。
映画の本編には姿を見せていなかった萬斎だが、
長いエンドロールの最後には名前が。

発表済みだった総キャスト328人には入らない、超サプライズな“329人目”だった。

萬斎主演の映画「のぼうの城」でタッグを組んでいる樋口真嗣監督(50)が
“ゴジラ役”をオファーしたのは、クランクイン前の昨春。
樋口監督は「器に魂を入れたい。
狂言の演目には人間じゃないものがいっぱいあって、
この人だったらいけるというのが見えた」と起用理由を説明。

萬斎は同6月にどのキャストよりも先に撮影に入った。全身タイツで顔に面を付け、
尻尾を重りで引っ張りながらゴジラの動きを表現。面と尻尾は自ら要望したという。

「狂言や能の一つの様式美。神とか幽霊、
怪物であるという犯しがたい存在感というものを期待されたように思いますので、
われわれ独特の、どっしりゆっくりとした動きの中でゴジラを表現したいと思いました」と
重厚感ある新時代のゴジラを実現させた。

作品は全国349館441スクリーンで公開され、配給の東宝は2014年公開のハリウッド版「GODZILLA/ゴジラ」との対比で興収50億円を狙える好スタートと発表。夏の大本命となりそうだ。

新製品 「こちらは、空飛ぶじどり棒!」 (2016-07-30)

 
オーストラリア企業のIoT Groupが、
空飛ぶ自撮り棒といった機能のカメラ付きドローン「ROAM-e」を販売中だ。

1軸2ローター式のスティック型というユニークな形状で、
被写体の顔を認識して自動追尾するとしている。


価格は499オーストラリアドル(または399ドル)。

1軸2ローター式のスティック型ドローン(出典:IoT Group)

ROAM-eは、円筒形のボディの上部に2つのローターが設けられた、
竹とんぼのような形のドローン。

プロペラを折り畳むと直径8.5cmほどに収まり、持ち運びやすい。


500万画素のカメラを搭載しており、
360度ビデオを撮影できるという。「自撮り」モードを選ぶと、
人の顔を認識し、自動的に追いかけて撮影を続ける。

映像はライブストリーミング可能。

トピックス 「色彩がすごくきれい!」 (2016-07-29)

著作権まずそうですが、きれいですので。
紹介します。

躍有名になったフォトグラファー、ヨシダナギ。

自らも服を脱ぎ捨て、
全裸になってアフリカ少数民族のなかへ飛び込んでいくその撮影スタイルも注目を集めた。

アフリカでの体験を綴った
新刊『ヨシダ、裸でアフリカをゆく』も発売され、
展覧会やトークショーも随時開催している。

4162件中606-610件

前へ1....117118119120121122123124125126127....833次へ