Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2021年04月2021年05月2021年06月全て

4579件中511-515件

前へ1....9899100101102103104105106107108....916次へ

健康・医療 今後の行方! (2018-08-21)

「得点の操作について募集要項に書いてないということなので、
受験生が『受験料を返還しろ』といえば支払わざるを得ないでしょう。

昨年度分だけでも受験料の請求が2000人から来ると仮定して、
受験料が6万円ですから、合計で1億2000万円。

これが8年ですから、
受験料だけで約9億6000万円の請求が考えられます。

また得点操作によって東京医科大に落ちた学生が年間30人ほどいると仮定すると、
予備校費や浪人中の生活費、
他大に入学した場合の学費などで約31億5000万円の請求が予想されます。

これに加えて、
東京医科大がすでに受給した国庫補助金の返還を求められるでしょう。

これが8年分で約160億円ですから、半額でも80億円。
つまり、請求金額は計約121億円になる可能性があります」
 

不正入試の代償は高くつきそうだ。

健康・医療 【ゆるふわ女医の脅威】 (2018-08-20)

最近では、「ゆるふわ女医」と呼ばれる残念なタイプの女医も目立つようになった。医師免許をゲットしたあとは、スキルを磨くよりも医師夫ゲットに励み、「医師・医師婚」に持ち込み、産休・育休を取得する。

出産後に復職しても「当直いたしません」「手術いたしません」「地方勤務はいたしません」「重症患者や5時以降は診ません」「土日の呼び出しは一切応じません」「文句をいうのはマタハラです」と主張する。決して多数派ではないが、そうして都会のタワーマンションや高級住宅街のセレブ生活を目指す女医は実在する。

メディアは「医師夫を持つ優雅なママ女医」を「勝ち組キラキラ女性」として取り上げる傾向がある。一方、その陰で「当直月10回の独身女医」などは無視されてしまう。極端な話、独身女医は過労死でもしない限りメディアには登場しない。そんな非情な「女女格差」が存在する。

こうした事実を知れば、一部の女性研修医が、研修よりも「院内婚活」に励むことになるのは仕方がない。また女医の扱いに困った大学病院の関係者は、「女医は面倒くさいから入試の段階で減らしてしまえ」と考えるようになる。

今回の東京医大の不正入試問題の関連報道には「(医師の)女3人で男性1人分」という報道もあったが、こういう現状を考えると暴論とは言えないのかもしれない。

健康・医療 女子受験生を一律減点していた問題 (2018-08-19)

東京医科大が入試で女子受験生を一律減点していた問題をめぐり、
医師の人材紹介会社「エムステージ」(東京都品川区)が
医師を対象にアンケートをしたところ、
一律減点を「理解できる」
「ある程度理解できる」と答えた人が計65%に上った。

ただ、理由としては
「周りに負担を抱えているため仕方ない」というあきらめが多く、
働き方などの改善を求める声も多かったという。

 同社は女性医師向けのウェブメディアなども手がけている。
担当者は
「女性医師が出産後も働き続けられるよう、
医療現場が根本的な働き方改革を進める必要がある」と指摘する。

 アンケートの自由記述では、
「理解できる」と答えた人から
「許容はできないが、自分も家事育児のために仕事を調整しており、
働ける男性が優先されることに大きなことをいえない」
「妊娠出産の欠員を埋めるようなシステムが不十分なのは事実」
「男性医師が当直の肩代わりなどをしており、
必要悪として気持ちはわかる」といった理由があげられたという。

 「自分が不当な扱いを受けた」という経験も多かった。
「高校では公然と、
女性は男性より点数を取らないと合格しない可能性が高いといわれた」
「研修医時代に妊娠して『だらしない』といわれ、
切迫流産で休むと『流れてしまえばいい』とまでいわれた」
「どうせ教えても無駄になるから、
女には何も教える気にならないと言われた」といった回答が寄せられた。

 アンケートは8月3~6日、インターネットで実施。男女103人が回答した。(仲村和代)

健康・医療 死亡リスクが68%下がっています (2018-08-18)


救急医からの報告!

普段よりもシャワーの回数を増やした人は、
普段どおりの回数浴びた人よりも死亡リスクが68%下がっています。
これは、エアコンにひけをとらない効果です。
実は、救急現場で重症の熱中症
(意識がなくなってしまうなどの場合)が搬送された場合に、
われわれ救急医の多くが行うのは、
「クーラーで冷やした室内で、霧吹きで体を濡らし、扇風機をかける」という方法です。

重症の場合には患者さんは動けないのでこうしていますが、
体が元気なうちの予防法としては、シャワーは非常に有効だといえます。

これは、水分が蒸発する際に熱を体から取り除く「放散」を助長するからです。

人間が暑いときに汗をかくのは、
この「放散」により熱を体から放出するメリットがあるためであり、
シャワーはそれを人為的に行えるという効果があります。

なお、冷たい水をかけるのは、若い方やアスリートなどではOKですが、
高齢の方や心疾患などの持病を抱えていらっしゃる方は、ぬるま湯くらいが良いでしょう。

トピックス 「奇跡の連鎖!」 (2018-08-17)


 2歳の子供が、68時間ぶりに発見の事件。・…さすがというか凄いです。

 中には「飴ちゃんは、危険だ!」
     「380人の捜索者は、どうしていたのか?」

   とか?・・・・御自分は何もされていないのに、後からとやかく言う外野の方々。

   相変わらず、当事者でない方は、無責任発言をするこの風潮。
   考えるのは自由ですが、つぶやくな!
   つぶやく時点で、
   無責任な、無能なものであることを、ご自分で、宣言していることを、
   解ってないのでしょうか?
                         それこそ無能。馬鹿です。

 皆さんがその時できること、一生けん命に全うしただけのこと。
 3日間も酷暑の中探すだけでも危険な状態です。
 ねぎらってあげましょう。

山口県周防大島町で15日朝に無事発見された藤本理稀(よしき)ちゃん(2)
=山口県防府市=が行方不明になった12日から発見前日の14日までの3日間、
山口県警と地元消防は延べ約380人で捜索にあたったが、発見に至らなかった。
 

4579件中511-515件

前へ1....9899100101102103104105106107108....916次へ