Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2018年03月2018年04月2018年05月全て

4011件中46-50件

前へ1....56789101112131415....803次へ

社会・政治 ベンツが、中国資本に買収されてます。 (2018-02-26)


いまや、あの「バカラも中国資本。

今度は、ベンツですか?

次々、制覇しています。
東芝も、シャープも、大きなところみな他国の資本参加。
この先いったいどうなるのでしょうか?
ヨーロッパのお麻耶大国でないドイツ!

【フランクフルト=深尾幸生】
中国の自動車メーカー浙江吉利控股集団が
独ダイムラーの株式の9.69%を取得し、筆頭株主になった。

ダイムラーが23日、
独証券取引法に基づいて開示した。
取得額は1兆円規模とみられる。
吉利はスウェーデンのボルボ・カーなどの親会社で、
ドイツの名門にも影響力を及ぼす可能性が出てきた。

開示資料によると、株式を取得したのは吉利の李書福董事長。
これまで筆頭株主はクウェートの政府系投資ファンドだった。
吉利は株式市場でダイムラー株を取得したもよう。
ダイムラーは「長期的な投資家は歓迎する」としている。

 吉利のダイムラーへの出資説はこれまでもたびたび報じられてきたが、ダイムラーは交渉を否定。一方で株式市場での株式取得には反対しないと表明していた。

 吉利の出資の狙いは明らかになっていないが、ダイムラーの電池技術に関心があるとされる。

トピックス ホンダジェット (2018-02-23)

 

ホンダのビジネスジェット機「ホンダジェット」の
2017年の納入機数が前年比20機増の43機となり、
米セスナを抜いて初めて首位となった。

ビジネスジェット市場は世界的に成長が鈍化しているが、
ホンダジェットが含まれる「超小型機部門」は前年と比べ需要が5割増。

ホンダにとっては苦戦が続くF1に代わるブランド戦略の柱となる。
自動車などに続く収益源に育てる考えだ。



全米航空機製造者協会(GAMA)が21日(日本時間22日未明)にまとめた集計で明らかになった

ビジネスジェット機全体では676機で前年比1.3%増。
3年ぶりに増加に転じたが需要がピークだった2008年と比べ半減している。

その中で超小型機はパイロットも含めた乗員が10人未満で、
北米や欧州では主に都市間の移動に使われる。
小回りの利く交通手段として、
富裕層が個人所有するほか企業や航空機の運航会社向けに需要が伸びている。

ホンダジェットは15年末に米連邦航空局(FAA)の認証を取得して事業化した。

すでに100機以上の受注を抱えていたが、
実質初年度となる16年は生産のノウハウが不足し、
納入機数は23機にとどまった。

17年はセスナの主力機「サイテーションM2」の39機を上回り、機種別で初めて年間首位となった。

トピックス この人お間白いですね! (2018-02-21)

 
F1で、日本の国家をギター演奏した方です。

90年代、世界的ヘビーメタルバンドのギタリストとして、
全世界でメガセールスを記録したマーティさん。
「自分が求める音楽は日本にある」と2004年、
東京に活動拠点を移して以降、B’z、石川さゆり、
ももクロ等、幅広い日本のアーティストと共演&プロデュースしてきた。

3月2日に世界190ヶ国で同時配信される日本のオリジナルアニメシリーズ
「B: The Beginning」では主題歌の作曲・プロデュースを担当、
イメージアルバムが発売される
〔公式サイトは http://www.b-animation.jp/  
監督は映画『キル・ビル』アニメ制作の中澤一登氏〕。

「ダークな感じのミステリーで、ストーリーに引き込まれます。
楽曲もドラゴンアッシュのKenKenさん他、
すごい方たちが参加してくれて、1年、試行錯誤して完成した作品です」

 ソロデビュー30周年を前に、
昨年夏、渾身のアルバム『Wall of Sound』を発売。
母国アメリカに続き、4月からは南米ツアーが始まる。

「文化庁から“日本遺産大使”に任命されまして
、アルゼンチンでは日本について講演するんです。
本当に名誉だけれど、大使にならなくても僕は日本の良いこと、
普段から世界のあちこちで話してますよ(笑)」

社会・政治 【ソウル聯合ニュース】 (2018-02-20)


韓国のコーヒー市場の規模は昨年
約11兆7397億5000万ウォン(約1兆1700億円)で、
初めて10兆ウォンを突破したことが18日、
韓国関税庁などの集計で分かった。

昨年のコーヒーの消費量は約265億杯と推計され、国民1人当たりが年間512杯飲んだ計算だ。

 種類別ではインスタントコーヒーとパウダー、砂糖を配合した
「コーヒーミックス」が130億5000万杯で最多。
レギュラーコーヒーが48億杯、
缶コーヒーなどのコーヒー飲料が40億5000万杯、
インスタントコーヒーが31億杯などだった。

 コーヒー市場の規模は10年前に比べ3倍以上拡大したのに対し、
消費量は10年で30%増にとどまった。

これは、単価の高いレギュラーコーヒーの消費が急速に伸びているためとみられる。

レギュラーコーヒー市場は2007年の9000億ウォン台から
昨年は7兆8528億ウォンと10年で7倍以上成長した。

かつてはコーヒーミックスなどのインスタントコーヒーが主流だったが、
2000年に入ってからスターバックスコーヒーなどの多様なコーヒーチェーンが急増したのに伴い、
レギュラーコーヒー市場が急成長した。

1999年にソウルに1号店をオープンしたスターバックスは16年に売上高が1兆ウォンを突破し、
昨年は営業利益が1000億ウォンを超えるなど、
韓国のコーヒー市場をけん引している。

聯合ニュース



スタバ人気1位はアメリカーノ コールドブリューも上昇=韓国
韓国成人の年間コーヒー消費413杯 高成長続く
コーヒー好きの韓国人 カフェコーヒーは大容量が人気 

健康・医療 すごい病院(理事長)あったもんだ。 (2018-02-19)


金が取れてよかったですね!こういう援助もあるんですね。

ジュニア時代に頭角を現し、
高校卒業後は実業団に入って10代のうちから世界の舞台で活躍する。
これが女子スピードスケート選手が歩む“王道”だという。
小平は高校の時に
インターハイで500メートル、
1000メートルの2冠を達成

。高校卒業前には複数の実業団から勧誘を受けるもそれを断り、
初志を貫く形で信州大に入学して結城氏に師事した。

オランダ修業の際も…

そんな小平の現在の所属先は、企業ではなく、
長野県松本市にある「相澤病院」である。

「今では周りから、
“すごい広告塔だね”なんて冗談を言われることもあって、ちょっと困惑しますね」

 そう語るのは、相澤病院の相澤孝夫理事長(70)。

「時々、選手がその所属企業のテレビCMに出ているのを見ますけれど、
選手によってはああいうCM撮影なんかもストレスに感じる人がいるんじゃないかな」

09年初め、
信州大卒業後も結城氏の指導を受けるため、
小平は地元での雇用先を探していた。

そんな彼女に手を差し伸べたのが、相澤理事長だった。

「彼女に対しては、毎月の給与の他に、
住居費用や遠征費用など、スケートにかかるあらゆる面で、
可能な限りの支援をしています。
一応、病院のスタッフということになっていますが、
最初から働いてもらうつもりはありませんでした」

 4年前のソチ五輪の後、オランダで修業したい、と相談された際には、

「“病院に留学制度があるからそれを利用したらどうか”と伝え、
実際、その形での2年間の留学となりました。
現在、彼女に支払っている給与は年収ベースで500万円以上。

渡航費用なども含めると、年間2000万円から3000万円くらいでしょうか」

それでいて見返りを求めないのだから、まさに「足長おじさん」。

2月18日に行われる女子500メートルは現地で観戦するという。

               ・・・・・「週刊新潮」2018年2月15日号 掲載

4011件中46-50件

前へ1....56789101112131415....803次へ