Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2018年07月2018年08月2018年09月全て

4096件中4026-4030件

前へ1....801802803804805806807808809810811....820次へ

トピックス 眠っていないと、キレますよ! (2011-01-19)

人間、睡眠が大事です。寝ている間に、副交感神経が、活性化しまして、血圧の低下、気管収縮、心拍減少、発汗抑制、胃酸分泌亢進、消化管運動亢進,膀胱収縮などが、起こります。
食べた物を、吸収し、免疫細胞を活性化しているわけです。「寝る子は育つ」ですね。

日本医大公衆衛生学の、中高生、約95000人の、調査で、中高生の睡眠の時間や質とキレやすさとに関連がある事が、証明されました。「衝動性が強い」7.5%。「怒りが強い」8.7%。高学年ほど、また女性ほど、イライラ感が強かったそうです。睡眠時間が、短いか、長すぎる。睡眠の質が悪い。不眠や、日中の過剰な眠気がある生徒に、衝動性や、怒りが強い傾向がありました。これは、大人でも同様です。
長生きのためには、6.5時間の睡眠が、重要です。
なんとか、この睡眠時間は、維持しましょう。


「スギ花粉症患者発生しました。」

トピックス 内臓脂肪を、減らす方法 (2011-01-18)

内臓脂肪は、本来、人間が、生きていくために、貯蔵される大切な栄養です。しかし、現代では、今のところ、平和で、そこにある危機がないため、たくさん、無意味に貯めている方が、多いです。
ミサイルが、飛んできたり、地震、台風、津波など天災もありますが、今回は、減らす方法を、お知らせいたします。脂肪にも、良い細胞と、悪い細胞があります。これを、良い細胞のほうへ、シフトさせる、乳酸菌があります。ヨーグルトで、ガセリ菌という乳酸菌が良く効くようです。それ以外のプロテクト乳酸菌も同様です。お腹の中がスムーズに流れると、脂肪の吸収の時間も短縮され、適度となリます。漢方でも、防風通聖散・防已黄耆湯などが、この作用を持っています。内服の薬剤でも、ゼチーアという、コレステロールを下げ、内臓脂肪も下げる薬剤ができています。
バランスの悪いダイエット(たんぱく質抜き)は、逆に脂肪を出し入れしないため、溜まります。ご注意を!

健康・医療 低温やけどの恐怖! (2011-01-17)

低温やけどの恐怖は、皆さんのすぐそばに、迫っています。ご注意ください。
人間の、皮膚の熱に対する耐久性は、どの位あると思いますか。実は、これが、低温やけど原因です。人間の皮膚は、45度以上の温度で、やけど(熱傷)に成ります。その時間は,44度で、約6時間。44~51度まででは、接触する時間がどんどん短くなって行き、50度では、5分程度でやけどに成ります。70度以上で、1秒です。

ここで心配なのが、電気カーペット、電気毛布、湯たんぽ、カイロ、足元の電気ストーブです。最近の事故例では、ノートパソコンの上での、うたた寝で、顔に大きなやけどを、作るケースがあります。このような、低温やけどは、普通のやけどより、深く、顔などは、あざが残る事もあり、皮膚移植まで、考えなければいけない、重症例と成ります。
低温やけどの恐怖は、今そこにある恐怖です。冬の期間、十分に注意して下さい。
shotin.xsrv.jp/about/

トピックス インフルエンザ感染防止法「周りに感染させない方法」 (2011-01-16)

①こまめに手を洗う。 ②インフルエンザが発生した時は、集団での狭い空間(会議室、食堂)に集まる事を避ける。 ③非感染者も含め咳エチケットは厳守 ④会議室、廊下の空気は頻繁に換気する
⑤感染疑いの者にはマスク着用 ⑥高齢者施設で発生した場合は、健常者の自宅待機。一時避難のための転院

感染者と同居の高齢者対策としまして、タミフル半量の7日間内服予防などがあります。

トピックス 未来のお薬 (2011-01-15)

新薬(新しい研究や、発見で生まれた、今までになかった薬剤)以外のお薬は、今後どうなって行くでしょう?今でも、20年前のお薬で、効果があり、副作用の少ない薬剤は、たくさん使用されています。そのようなお薬は、価格も大変安くなっています。今後は、このようなお薬は、多分、系統的に分けられ、合体していくように思われます。いわゆる「配合剤」です。今、日本では、2種類の配合剤しか、販売されていませんが、昔からある、PL顆粒などは、解熱剤。咳止め、痰切りなどが混ざっています。市販の風邪薬も同様です。それと同じように、メタボに成りますと高血圧、高脂血、糖尿病、肥満などが出てきますので、これらの薬剤がまとまって1種類の合剤と成り。販売されるようになると、思います。その方が、お年寄りには飲みやすく、間違えが無く、ある程度症状を、長期的に抑える事が出来るようになると、おもわれます。医療費も、下がります。老人保健施設などでは、主流になるでしょう。今でも、医療費が、薬剤も含まれるため、高いお薬は使用できない現実があります。また人口の多いインドでは、今現在、心臓病のお薬で、5種類の薬剤が含まれたお薬が販売されています。日本もいずれそうなるでしょう。(the indian polycap study )

4096件中4026-4030件

前へ1....801802803804805806807808809810811....820次へ