Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2020年11月2020年12月2021年01月全て

4473件中1-5件

前へ1234567891011....895次へ

トピックス 過去3番目・・・・1月20日速報 (2021-01-20)

兵庫県は20日、新たに296人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表しました。

1日に確認された感染者数としては、過去3番目の多さです。

新たな感染者は、神戸市で100人、西宮市で55人、尼崎市で28人、姫路市で37人、明石市で11人、その他県内で65人となっています。

兵庫県内で確認された感染者は、計1万4466人となります。

来週から、午後の時間は、すべて、発熱外来に、変更し対応します。
少しでも、協力できますよう。ワクチンが皆さんに届くまで、
協力します。

社会・政治 特措法で、民間がコロナ患者を入院させると? (2021-01-16)


 特措法で、民間の病院に入院が入りますと、
 対応隔離ができないと、
 周りの一般入院患者さんに、感染。クラスターが起こる率が極めて多くなります。
 
 また医療従事者への感染も頻発。

 一般患者さんと、混在しますと、
 酸素吸入患者が増加し、
 病院内の酸素濃度が極めて高くなります。
 また消費が追い付かず、枯渇する病院も増えるでしょう。
 そると、手術はもちろん、重症者の呼吸管理も、減少します。

 民間病院のどれだけが、隔離管理。衛生管理が徹底できるか?
 医療従事者ができても、掃除の方や、食事など、民間の方に、
 衛生管理ができるでしょうか?

  集約しまとめるほうが常識的、東京は、特措法で民間に入院させるならば、
 その前に、オリンピック村。くうしつ物件。空きビルなどの改造をするのが
 良識だと思います。

健康・医療 やっと入国禁止措置。 (2021-01-13)

 この数日で、
 いったい何人の入国があったでしょう?
 それも、14日間の入国後自粛はお願いです。

 政府は13日、
新型コロナウイルスの水際対策を強化するため、
ビジネス目的の新規入国を停止する方針を固めた。

現在は中国や韓国など11カ国・地域からは例外的に入国を認めていた。
緊急事態宣言の拡大にあわせ、14日にも停止する。期間も宣言期間の2月7日までとする。

11カ国・地域からのビジネス目的の入国に関して、
菅義偉首相は感染力が強い変異種が発見された場合に「即時停止する」と述べていましたが、
本人のわけわからない独断で、一時入国許可出ていました。
ダブルスタンダードです。最後はご自分で決めたがる性格のようです。

神戸氏は本日。
 神戸市は13日、
新たに男女103人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。
同市で1日当たりの新規感染者数が3桁となるのは初めて。

 年代の内訳は、
10歳未満=2人
▽10代=2人
▽20代=16人
▽30代=13人
▽40代=15人
▽50代=16人
▽60代=9人
▽70代=13人
▽80代=8人
▽90歳以上=9人。市は今後、居住地や行動歴、濃厚接触者の有無などを調べる。

健康・医療 コロナ後遺症。 (2021-01-12)


末梢血管の循環不全症です。
血流が下がり、発症場所・濃厚炎症箇所の
機能不全が出ます。
杯組織で起きれば、肺線維症による呼吸障害。
末梢皮膚で起きれば脱毛。
筋肉組織周辺で起きれば、筋移植・運動障害。
神経で起きれば、倦怠感・脱力感。
脳で起きれば、PTSD ・抑うつ反応・睡眠障害なんでもありです。

最も多かったのは「倦怠(けんたい)感や筋力低下」(63%)で、
「睡眠障害」(26%)、
「不安やうつ」(23%)が続いた。
こうした傾向は「SARS(重症急性呼吸器症候群)患者の追跡調査と一致する」としている。
「脱毛」(22%)や
「嗅覚(きゅうかく)異状」(11%)も比較的高い割合を示した。

 さらに約350人に肺機能の検査をしたところ、
入院中に高機能機器による酸素吸入治療を受けた重症患者の56%は肺機能が低下していた。
酸素吸入をしなかった人でも肺の機能低下は22%に上ったという。

 武漢市では昨年3月までの約3カ月の間に感染が拡大し、
確認された発病者が約5万人、
死者が3869人に上った。
5月に住民全員のPCR検査が実施され、
6月以降は無症状者も含めて新たな市中感染者は確認されていない。(瀋陽=平井良和)

トピックス 予想された姿に。感染の悪化が。トリアージ! (2021-01-12)

若い方にも、不安を与える兆しです。5月まで、罹らないことが、一番大切です。

もう、東京では発熱しても、入院できません。
東京では自宅での死亡が、56人となっています。決して自分は大丈夫だと思わないように。

朝日新聞の集計によると
、1日あたりの死者数(1週間平均)は昨年10月末には8人だったが、
11月末22人、
12月末53人。
今月10日までの直近1カ月で計1500人以上が亡くなり、
これまでの新型コロナによる死者の4割を占める。

 都道府県別にみると、昨年12月中の死者数
(人口10万人あたり)は、
北海道が4・9人で最多。
大阪府2・9人、
兵庫県2・4人と続く
全国平均は1・1人で、東京都は1・0人だった。

 だが、とくに年末ごろから感染者が爆発的に増えだした東京都では、
死者の急増は避けられない見通しだ。
これまでの傾向では、
感染者数の増加から2~3週間ほど遅れて死者が増える。
4都県に出された緊急事態宣言で、
仮に感染者数を抑えられても死者をすぐに減らすことは難しい。

 東京都の10日時点の入院患者は3239人。
1カ月前から1354人増えた。
このうち4割超は、
感染すると重症化するリスクの高い70代以上の高齢者が占める。

若い方は入院できません。今に、自宅待機数が10000人を超します。
保健所は、重症患者のみの経過観察にシフトしました。
蔓延期に入り、死亡率・重症化のリスクが高い高齢者のみの経過観察にシフトしました。
若い方はつらくとも勝手に直してくださいという、メッセージです。
勝手に治ると思っている若い方や、無責任な大人の行動が、感染者に、困難を強います。
若い方でも、十分しんどくつらいことを、理解してください。


4473件中1-5件

前へ1234567891011....895次へ